<< 6/19神保町画廊にて個展始まりました。その前にキャンプなども・・・ | top | ペッパーはヒザを針金と釘で修理するのだろうか。 >>

在廊日記個展は7/5まで

 

金曜日

去年使うはずのマイルがヒザの骨折で消費できず、

そして今年はコロナ禍で消費が難しそう。

何がなんでもマイルを使う為に飛行機となる。

朝起きれないので大阪空港前のホテルで前乗り宿泊。

正午に起きて1時15分のANA。

欠航が多くて満席状態。

曇りだったが、空の上は晴れていた。

 

3時に神保町のホテルに。

3時半に神保町画廊へ。

オーナーの佐伯さんとぴかさん、ネオさん、もう一方名前が・・・

 

こんな感じの展示。

夕方5時くらいから客足が遠のく。

いつもならば閉店後も1時間は人が居るのだが、色々と閉まるのが早くなったせいか・・・

 

佐伯さんととれでワインホール神田小西へ。

のどが渇きビールを飲んでいた。

 

 

お馴染み鮎のコンフィ

 

最近マイブームのラム肉。

この日は珍しく2時半に寝付く。

 

土曜日

いつものそば処「たかせ」

最近では一番多く通っている蕎麦屋。

銀座にミリュウが在ったときは「よしだ」だった。

 

 

大槻香奈さんとは初対面。

彼女の絵画はずーっと気になっていたのでお会いできてうれしい。

私の前に神保町画廊でコロナの街角を写真で一早く展示されていた。

次回は名古屋で個展があるそうだ。

https://jinbochogarou.com/?p=2859

 

小林修士さんと。今流行りのBOOTHEで写真集をだしている。

 

THの編集長鈴木さんと。

 

何故か自転車で飯沢耕太郎さん現る。

夜の飲み会を「めぐたま食堂」に予約を入れておく。

 

奥が混み始めるとドアを開け放し、退避する。

マスクをして会話はしない。

ファイルをご覧になる時は準備してある手袋をはめてもらう。

 

夕方、北見えりちゃん来訪。

後に撮影の木内健太さんが来る。

知り合いのリョウくんやとれ、高橋、佐伯オーナーと7名でめぐたま食堂へ移動。

 

飯沢さんは相変わらずのペースで飲んでいく。

 

閉店するので大行列だった「キッチン南海」

夜のニュースにもなっていた。

そこの料理長が店の名を引き継ぎ、神保町画廊の斜め前に開店するとか。

キッチン南海の左奥のモカ色の建物が神保町画廊。

 

日曜日

日曜日の昼食はオードリーりスープカレーが定番だが、コロナで日曜はお休みに。

代わりにいつも長蛇の行列で入れなかったエチオピアへ。

 

飛行機の時間があるので5時半に画廊を出なくてはならない。

5時を過ぎて七菜乃さん、笠井爾示さん、のあさん。

私の展示の後、笠井さん、菜乃さんと神保町画廊の展示は続く。

 

細い路地に黒のベルファイアのハイヤーが来て、見送られる。

今回はヒザの加減が悪くてタクシー代がかかった。

代わりにホテル代が安い。

 

ポツンと羽田空港。

早くに空港ラウンジなど閉ってしまう。

 

7時15発の大阪行き。

雲と夕闇で富士は見えるか?

視認できずに飛行機の飛んでいる位置を確認したら「ちょうど富士山を過ぎたところ」

慌てて後方を見ると黒い山影が・・・

 

窓枠の反射が激しくて写りは悪いが、なんとなく見えている。

 

今回もお土産を頂いた。

有り難うございます。

個展は7/5まで続きますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

村田兼一写真展 6月19日(金)〜7月5日(日)
「Five years ago, I encountered the muses. 〜女神たちとの邂逅」

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

 

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 19:52 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH