<< 大晦日 2019年を写真で振り返ってみた-後編。 | top | 鬱々とした日々の合間に撮影。 >>

正月三箇日、そしてぴぐさん初撮影合宿。

元旦

大晦日はいつもの如く朝方までテレビを観ていた。

いつもの様に昼頃起きて屠蘇を飲み餅を食う。

黄昏時に初詣、大木を拝みに行く。

その後、とれの実家へ。

 

二日

近所の緑地を散策。

膝が直ぐに硬くなって来て歩きつらくる。

1か月前くらいから再びヒザの具合が良くない。

撮影などで曲げるのが結構後で痛み出す。

 

ソフトレンズの試し撮りをする。

トップの画像もソフトレンズを使ったもの。

開放値で撮ると良くボケると書いてあるが、光の具合でボケ方が変わる。

トップの人物像はそんなにボケ感はない。

 

三日

親戚が集まる。

 

五日

夜、ぴぐ★魔女様(以下ぴぐ)さんが初めて撮影の為に我が家へ。

大阪での撮影会の後でお越しになる。

翌日の撮影の衣装合わせなどする。

 

六日

6.7日と二日間撮影予定だが、7日は雨との予報の為に今日一日で撮影する。

珍しく11時に起きて準備をする。

1時よりとれこアシストで撮影。

D850にはNikonの標準ズーム。

α7R靴砲魯愁侫肇譽鵐困鯢佞韻襦

上の画像はソフトレンズだが良くボケている。

開放値で撮影。

 

ぴぐさんは日本文化が好き過ぎて、香港から来日。

もう5年ほどこちらに住んでいるとか。

日本のサブカルから神社やフィギア、アニメなどすごく詳しい。

旅行などは私よりも色んなところへ行かれている。

衣装は決まっているので、朝に花を買いに行き一日で撮り終える。

3時間ほぼ撮りっ放しと寝不足で疲れた。

ヒザの具合からして明日は晴れても撮影は無理な感じになる。

 

七日

午後1時半に起床、雨。

撮影を諦めてドールの話など。

彼女は人形のコレクターでもあるらしい。

そして服好きで服飾の大学へ行っていたそうだ。

人形愛と服フェチと言うのは私と共通する。

タカラのジェニーにも関心があり、私のコレクションにも興味を持たれていた。

しかし殆どの人形は蔵の中に仕舞い込んであり残念。

 

 

和歌山にある淡島神社へ行かれて、上の写真の様なひな人形がうず高く積まれたのを見たことがあるそうだ。

すごく興味深く面白かったそうだ。

私も2007年に初めてポチと淡島神社へ行き、この景色には驚いた。

それから何度かここへタマや七菜乃さんとも訪れたが、この満杯の雛人形は時期が限定されているので一度しか見ていない。

ここの海へ流す流し雛の壮絶さを知ってから、流し雛も見てみたいと思っている。

 

撮影は1日だったが色々と旅や文化と楽しい話が出来た。

私の撮影としては基本的にしゃべる方が長いので、いつも通りと言えばいつも通りだ。

2泊3日の撮影合宿が終わり、夜駅に送る。

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:19 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH