<< 6月21〜23日在廊予定 ルナちゃんも来るかもね。 | top | 鬱々日記と 贈られてくる本。 >>

「月の魔法」展在廊記 6月30日まで開催中

今回の在廊は退院翌日からと不安が一杯。

一ヶ月の入院生活で落ちた体力や車椅子など使わないと移動できないことなど心配は多々ある。

しかし新大阪駅までは新線が開通して従来の半分の時間で行く事が出来た。

京橋や大阪駅を経由しないので人ごみがない。

 

各駅には駅員さんが待ち構えてくれ車椅子ごと電車へと運び入れてくれる。

何より行き帰りの新幹線で多目的室を利用出来たのが良かった。

疲れることなく神保町画廊まで辿り着く事が出来た。

 

在廊の後は、ケガや眠剤を飲んでいることなのどで酒は飲めないが、飲み屋で炭酸を飲みながらアジやイワシの刺身を頂く。

初日はアトリエサードの鈴木編集長や画廊の佐伯さんと行く。

退院して飲み屋に行くのが夢だった。

 

翌日昼飯は病院食では先ず出ないザル蕎麦。

いつもの如く神保町たかせの天せいろを頂く。

 

前回からツーショット写真は撮らなくなったが、とりあえず一枚。

 

 

二日目はサロメちゃんとギャラリーの高橋さん佐伯さんとれこさんなどと、ドイツビールの店へ。

ドイツのノンアルビールは日本のものより少し旨い。

アイスバインのぐみた酸味に惹かれる。

 

夜は青森からお送りいただいた炭酸水を。

ハイボールやビールテイストのものがあり、なかなかいい感じだ。

 

三日目の昼ご飯はオードリーのスープカレー。

これは食べると元気になる。

 

この日は月乃ルナちゃんが来てくれる。

彼女のサインを目がけて沢山の人で賑わう。

嵐の前の静けさ。

 

徐々に人が増えて来て、4時間くらいはずーっとサインをしていた。

 

 

画家の諏訪敦さんとプロレスバトル写真??

 

閉廊近くに七菜乃さんと笠井爾さん。

七菜乃さんは近く写真集を発売される。

笠井さんは5月の出版記念トークショーに飛び入り参加させていただいている。

 

この後、彼等と画廊のお二人、とれとイタリアンレストランへ。

ここでもノンアルビール。

ハムや赤肉が旨かった。

 

そして帰る日のお昼。

つけ麺の勝本を尻目にねいろ屋へ。

苺ラーメンを求めて行くが既にシーズンは終わっていた。

いつものレモンラーメンにする。

 

雨に降られながら靖国通りに出て、東京駅は八重洲口。

ウロウロしていると、偶然八重洲ブックセンターをとれが見付ける。

写真集のコーナーで自分の本と出会う。

 

 

7時半ごろ帰宅。

流石に疲れが出るが、午前零時の月曜から夜更かしを観てから寝る。

沢山のお土産有り難うございます。

ここにないものは既に食べてしまいました。

有り難うございます。

 

そして個展は月末まで続きます。

まだ御覧でない方は是非お越しください。

よろしくお願いいたします。

 

村田兼一写真展「月の魔法」

13時〜19時まで

6/30まで

神保町画廊

村田 兼一 | 展覧会 | 20:22 | - | - | - | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH