<< 個展はあと5日間ですが、とりあえず在廊日誌・後半と魔女のお泊り | top | 台湾紀行忘備録 後編 温泉へ >>

台湾紀行忘備録 前半サイン会トークショー編

 

11/29

関空午後4時発→台北 現地時間で7時15分着

台湾の夜景が見えてくる。

 

今回の予定は12/2台湾ジュンク堂でのサイン会と七菜乃さんとのトークショー、

そして温泉慰労会。

先ずは数日、台北でとれことブラブラする予定で出た。

MTRという新しく出来た鉄道で台北駅へ。

そこからタクシーで中山区にあるホテルへ。

 

チェックインして先ずは腹ごしらえ。

ホテルの真向かいにある京県桜という小龍包の美味しい店へ。

 

この店は烏龍茶入りの小龍包が売りなのでそれも頼む。

 

11/30

10時起床

早く寝たので珍しく早起き。

カフェでサンドイッチを食べるがトマトが不味く残念。

中山区を散策する。

乃木大将の母上の墓が鳥居の辺りにあったという公園、

調度ホテルの裏辺り。

 

魔女・谷崎に行天宮に占いに行くように勧められ行ってみる。

 

多くの人が三つの仏像に祈ってから占いを受けていた。

 

二日目で既に2万歩くらい歩いていて、腰が痛い。

前回台湾へ来た時に行ったマッサージ店がホテル近くにあったので行く。

そして、今回サイン会のあるジュンク堂へ打ち合わせに。

 

特設コーナーもエントランス直ぐ横に作って頂き感激。

この後、店長の五島さんと信義地区の四川料理の店へ。

辛くも旨い。

 

こちらへ来てからはホテル隣のファミまで毎夜、竜眼の蜂蜜入りビールを飲んでいる。

一本500円くらいとやや高め。

 

 

12/1

この日は近所のジューススタンドに立ち寄る。

この時期はマンゴーはなく何が美味しいのか分からないので旬の果物を尋ねる。

チェリモヤという果物が今が旬で美味しいと勧められて飲んでみる。

かなりの美味さ。調べると和歌山でも作られている。

そして、フカヒレを目指して老舗店へ。

 

 

しかし、私の口にはフウヒレもアワビも大して美味くは感じられずに残念。

一度食べてみたかったので、善しとする。

 

そして、出かけに寄ったジューススタンドで「ジャコウネコの糞から取ったコーヒー」が売られていたので、

再び立ち寄り飲んでみる。

一杯約380円、安すぎる。普通ならば最低2000円は取られる。

これも一度飲んでみたかった。

偽物かもと思うも香りのよさに豆まで買ってしまう。

これも300g2200円と怪しい安さだ。

でも兎に角美味しいので気にせず購入。

 

夕方から永康街へ、土産物屋の来好などへ。

 

庭の綺麗な喫茶店へ入る。

 

フルーツティーやプラムティーを頼む。

しっかりした香りや味がありかなり美味しい。

 

12/2

七菜乃さん、朝の10時ごろ台湾入り。

とりあえずホテル向かいの京県桜へ。

 

午後1時にジュンク堂入り。

2時からトークショーそしてサイン会と続く。

 

小林修士さんや伴田良輔さんの写真集も見つける。

 

店内はかなりの量の日本の本が。

日本語の本だけで台湾で勝負している。

 

2時、ビルの上の階にある会場へ。

 

五島さんの司会と陳さんの通訳でトークショーは始まる。

 

色々と五島さんが質問していると、七菜乃さんの撮影会に参加した人も3名ほどいた。

私の写真集も持っている人も多く? 一人だけドイツからの出版物も持っているとか。

 

今回はオリジナルプリントをファイルにしてご覧頂いた。

 

恥ずかしながらサイン会。

 

 

 

全員のサインが済むまで残っていた方々と記念写真を撮る。

ここまで来ると今まで海外のイベントに参加しなかったことが悔やまれる。

ローマ、ベルリン、ポーランドなどで個展があったが、頑なに会場には行かなかった。

こうして言葉も文化も違う人たちに応援されていることはすごく励みとなった。

 

終了後、店長の五島さん、陳さんと。

本当にお世話になりました。

 

そして打ち上げに中山区のホテル近くの海鮮屋へ。

店の前にある陳列された魚介類から食材と調理方法を店の人に伝える。

写真に撮っても氷で見えない。

 

この地区は昔は日本街だったらしい。

歓楽街でもあるのか、女性下着が歩道に並んでいる。

 

ホタテとアスパラ。

大きなアスパラが旨い。

 

白子の炒め物。かなり濃厚。

 

渡り蟹と麺の炒め物。

味が濃くて旨い。

 

この他、魚の煮付けが絶品だった。

菜乃さんの好物の生牡蠣。

 

それから中山区の中心へ向かって歩くが、またもや歩き過ぎで腰が痛くなる。

マクドナルドで休む。

日本の高校生に「日本の方ですか?」と話しかけられる。

「日本語が全然通じない」とボヤいていた。

 

そして、七菜乃さんが突然インスタのライブ配信を始め、

腰痛の私のためにそのままタクシーで次のホテルへチェックインする。

 

12時頃から久しぶりに菜乃さんとビールを飲む。

翌日の温泉行き為に深酒は避け、自分としては早目の午前三時ごろに眠る。

 

後半は温泉編へ、また数日後に。

 

 

 

村田 兼一 | 旅行・行楽 | 22:14 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH