<< 「巫女の系譜」そして「天使集出版記念」個展在廊日誌・前半 | top | 台湾紀行忘備録 前半サイン会トークショー編 >>

個展はあと5日間ですが、とりあえず在廊日誌・後半と魔女のお泊り

日曜日

在廊日誌の続きなので、日曜と言っても11/11のこと。

12時前に神保町から地下鉄に乗ろうとしたら、消防車に取り囲まれていた。

 

どうやら、さぼうるの向かいの店で出火したようだ。

それを横目で見ながら、六本木の七菜乃さんが個展をしている清アートスペースへ。

 

日本の銭湯が後宮のトルコ風呂のよう。

またプレスカメラを使いインスタントフィルムで撮影した作品が緻密で力作ぞろいだった。

 

会場前で偶然出会った神保町画廊の常連・浅見さんと神保町に戻ってラーメン屋でお昼にする。

レモンラーメンはなかなか好みの味であった。

 

浅見さんはカレーライスとラーメンの混ぜ物という、これまた変り種。

 

久しぶりのチョーさん一家。

 

ポピーさん。

 

新人モデルの瑞奈々ちゃん。

カラコンを付けてきたそうで、すこしイメージが変わっている。

 

ひなちゃんにはオーソモレキュラーという健康法を教わった。

 

 

あゆみさん。

 

 

 

 

いつもの皆様と記念写真。

在廊は11日まででしたが、25日まで個展は開催されます。

在廊中、お世話になった皆様有り難うございます。

 

その夜は評論家の飯沢耕太郎さんに会う為に「めぐたま食堂」へ。

七菜乃さんの写真集の相談などする。

これを読んでいる何処かの出版社の人、手を上げて欲しい。

 

 

飯沢さんと奥様のときたまさんに「天使集」の宣伝をしていただく。

 

そして切った髪がすでにかなり伸びている七菜乃さん。

 

 

翌月曜日はかなり疲れている。

背中や腰が痛くてヨロヨロと神保町界隈をマッサージ店を探し歩く。

途中で江戸後期の大きな古地図の前で見入っていると、老人が色々と講義をしてくれた。

 

早々に東京駅へ移動してしばらく休んでから大阪へ帰る。

 

今回も沢山のお土産を有り難うございます。

 

 

そして、しばらくして魔女の谷崎が子連、女学生連れでやって来る。

女学生・菊乃さんと少しお話をして晩御飯後に駅へ送る。

赤い服の女たち。

 

翌日は近所の緑地公園で親子をもてなす。

 

 

点在する遊具を求めて緑地を2/3周する。

2時間後にはぐったりされてしまった。

 

パン屋カフェで親子で口を開けて呆けていた。

お疲れ様でした。

 

前回の個展から会場での撮影は、コンデジを使わずにスマホで撮影していた。

連れて歩きたくなるようなコンデジが欲しいものだ。

今回、スマホからPCへ転送出来ていない画像もあり、撮影したのにブログに掲載出来ていないものもあります。

申し訳ないです。

 

では、神保町画廊「巫女の末裔」

ラスト5日間、25日までよろしくお願いいたします。

村田兼一個展「巫女の末裔」

11/9(金)〜25日(日) 月火 休み

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/ 

村田 兼一 | 展覧会 | 21:00 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH