<< 「ペンギンと巡る冒険」個展在廊日誌・前半 | top | 個展無事終了、のち撮影合宿、のち地震。 >>

「ペンギンと巡る冒険」個展在廊日誌・後半と休日

在廊日誌の後半です。

個展は6月17日まで続きます。

情報はラストに掲載。

 

日曜日、私にすれば早く目覚めたので、神田明神を目指す。

途中道に迷い、万世橋駅まで行って川沿いを戻りながら辿り着く。

 

ここ最近、この都会の神社がお気に入りでよく訪れる。

親戚の子の高校受験でアニメの絵馬を買う。

 

近くに湯島聖堂なる孔子廟がある。後の幕府の学問所となるとある。

 

帰り道は御茶ノ水から坂を下り山の上ホテルを素通りしてオードリーのスープカレーを食べる。

豚骨ベースに鶏の骨付き肉。スパイシーで食べると清々しく気分が良い。

 

1時間ほど遅れて2時頃画廊につく。

ひなちゃんと。

 

人形作家の中嶋清八さんと彼の人形の写真を撮り、最近は人形を作っている八嶋さん。

 

若ちゃんとのぞみさん。

 

 

語学堪能なあゆみさん。

 

人形作家ののあさんとひばりさん。

 

そして8時を過ぎ今日の打ち上げは「めぐたま食堂」

飯沢耕太郎さんの写真集が5000冊もある。

私の海外からの写真集も勿論ある。

今回、箱入りの写真集を見せてもらう。

箱の中から色々な仕掛けの写真やグッズが出てくる。

そして色々と相談に乗ってもらう。

台湾で出版サイン会をして皆で観光してみたいなどと。

まあ他愛もないことだが。

 

のあさんに写真を頂く。

 

髪を切った七菜乃さん。

この日は早起きしたせいか、ワイン一杯で眠くなった。

 

そして月曜日。

今日は帰るだけ。先ずはまだ食べていない「旨い」とうわさの神田まつやへ。

土日はこの界隈の旨いもの処は殆ど休んでしまう。

日曜日も開いているのは神田やぶそばくらいだが、観光価格で高い。

 

この界隈で価格・蕎麦・天ぷらと三拍子旨いのは蕎麦処たかせ。

蕎麦のみならば松翁がお気に入りだ。


しかし、七菜乃さんは松翁の蕎麦は好きではないと言うから、

これはかなり好みで変わるのだろう。

私はつるっと滑らかで腰のあるタイプが好きで、

菜乃さんはごつごつしたものが好みらしい。

 

それから表参道で落合陽一展を経て羽田空港へ。

色々とターミナルを見て歩く。

 

羽田航空神社なるものを見つける。

 

6時のフライト。

飛び立って直ぐに夕暮れた富士山が見えた。

そこから数分すると富士山が間近となる。

最近は旅行でもカメラはスマホしか持たないので、夕闇で画像が結構荒い。

持ち歩きたくなるようなコンデジはないものだろうか。

 

 

今回も色々とお土産を頂きました。

感謝いたします。

 

個展は6月17日まで続きます。

村田ブレンドのハーブティーは残り少なくなり、追加で送りました。

 

村田兼一写真展 『人鳥(ペンギン)と巡る冒険』

6月1日(金)〜17日(日) 開廊時間:13時〜19時
月曜、火曜休廊

神保町画廊

 

 

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 23:32 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH