<< 「天使集」在廊記・前半 | top | 次の一年と七菜乃さん撮影合宿。 >>

在廊日記・後編、個展は19日まで。

〜個展は11/19まで続きますが、

  とりあえず先日の在廊の時の話など〜

 

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

11/4土曜日

朝9時半に起きて新宿へと地下鉄に乗った。

昼頃起きる私にとっては驚異的な早起きだ。

 

寝付けないからと朝方まで飲んで寝るので、

ここ数年、血液検査は芳しくなく、

最新の眠剤というものを飲んでみたのだ。

 

2014年に発売された新しい薬だ。

それまでは1960年ごろの薬を飲んでいた訳で、薬の作り方が一から違うらしい。

薬が体に合ったのだろう。

 

新宿3丁目で降りて、歌舞伎町を通り抜ける。

 

するとゴジラが見えて来る。

先日、オーナーの佐伯さんにゴジラの横のカフェの話を聞いて、

無性に行きたくなった。

 

海外の方がほとんどだった。

 

神保町の「たかせ」でざる蕎麦を食べようと帰るも臨時休業。

松翁は遠い・・・泣くなく小諸蕎麦へ。

そして2時頃画廊へ行く。

 

豆子ちゃんが来てくれる。

 

紺山さんと。

 

初日は人見知りモードでツーショットを余り撮れなかったが、

この日はかなり寝ぼけて撮り忘れていた。

沢山お越しいただいたのに、早起きが祟ったようだ。

 

遅くに来たサロメちゃんと二人のオーナーとれこと5人で魚系の飲み屋へ。

新たな眠剤のせいかビール一杯で眠くトロンとする。

 

中華といい和食といい牡蠣が旨い季節だ。

そう言えばサロメちゃんの写真も忘れた。

 

11/5日曜日

もう蕎麦を食べるラストチャンスだが、日曜日は何処も開いていない。

神田藪蕎麦へ。

火事で燃えてから初めて来る。

 

新しく綺麗だが佇まいは古くしつらえてある。

値段は観光価格でお高い。

 

歩いて20分ほどで画廊へ辿り着く。

お客さんで見覚えのある特徴的な財布を出している方がいた。

密漁船のバイトで拿捕、今は政府の要請で欧州やアフリカを渡り歩く謎の歯医者さんである。

 

近くにバイトの咲夜ちゃん。

 

ルナちゃん一筋の若色さんと。

 

ポピーさん。

 

花咲はなさん。身体が異常に細くて面白いのだ。

 

いつものぴかさん、浅見さんと。

 

七戸優画伯と。

 

ひなちゃんと佐伯さん。

 

大阪に帰る間際、コレクターの小泉さんがお越しになる。

 

6時に大慌てでタクシーで東京駅へ。

バリケードは準備されていたが、ギリギリ、トランプ封鎖は逃れることが出来た。

 

ウニばかりの店に入る。

ウニのパスタとウニのオムライスを頼む。

 

10時半と比較的早く帰宅する。

浅見さんに帰る前に頂いた還暦前祝の赤飯を食べる。

噛みしめると甘みと塩みが絶妙に口の中に広がる。

日本茶を飲むと何とも幸せな味がする。

 

翌日、頂いたお土産を写真に収めておく。

(タマさんへと言いつかったものも入っている)

ケーキや他のものは美味しく上京中に頂いた。

有り難うございます。

 

そして15日水曜日からいよいよ最終週。

写真展「天使集」は19日で終了です。

よろしくお願いいたします。

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 23:14 | - | - | - | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH