<< 作品についてあれこれと。(個展は18日まで) | top | あまねさん撮影合宿とカルマショップしばらく閉店の話。 >>

6月後半小旅行雑感。

 

 

毎年のようにこの時期は、

「今年ももう半分過ぎてしまった」とか「夏至祭りをするりを忘れた」等と言っている。

今年も同様だ。

ご挨拶が遅れましたが、無事6/18に個展は終了いたしました。

お越しいただいた方、ツイートやリツイートで応援を下さった方々、

感謝いたします。

 

話は戻り、今月はモデルさんの都合でふたつ撮影が飛んだ。

6月はまだ涼しくて良いのに残念だった。

そして暑くなる7月に何故か撮影が重なってくる。

今年は大阪は7/1で梅雨が上がりそうな気配で暑くなりそうだ。

私は朝と暑さに弱くて、本当に困る。


今月は撮影がなくなったので、来年の車検で車を乗り換えようと自分の好みを知るために色々とディーラー巡りをした。

いつも、クルマがイカレたり、車検が切れる間際で探したりするから、計画的に買えた試がない。

品薄のクルマなど何ヶ月も待たされるらしい。

 

今回は1年かけて6年目の車検日を迎えるので、ゆっくりと決めようと思っていたら、

すぐに「この車種にしよう」と候補が決まってしまった。

そして数日するとその車種の新古車が出てきた。

なかなか数が出回らないクルマらしいので(私の求める車種は皆、不人気車らしい)、故に新古車など巡り合えることは滅多にない。

只、黒が欲しかったのが白なので悩んでいた。

この際、値引きのことを考えると妥協せざる得ないと決心する。

 

納車まで2週間かかるというので、今乗っているクルマに感謝を込めて近場へドライブ旅行をする。

5年間前、クルマの突然のエンジントラブルで、そのクルマの古さから言って買い替えを決めたのだが、突然なのでゆっくりと探す間もなく決めた現在のクルマ、狭くて不満だらけでよく文句を言いながら乗っていたのが、お別れかと思うと申し訳なくなった。

人もそうだが、文句ばかり言っていて、突然旅立たれると「誠に申し訳なく」思うものだ。

日頃から何事も感謝の気持ちが大切だと、また思い知らされる。

 

突然決めた小旅行なので、慌てて荷物を詰めて夕方家を出た。

高速で1時間くらいで大津インター。

琵琶湖ホテルに入る前に琵琶湖で釣りをする。

 

夜は安曇川のウナギの旨さを思い出し、大津で鰻屋を探すが、すこし山奥に2軒しかない。

山奥と言っても滋賀と京都の中間、国道一号線沿いだ。

そこに大谷という小さな駅がある。

単線無人駅といった趣だ(本当のところは知らない)。

 

鰻屋といってもどちらもお座敷風で入るのを躊躇うが、

兎に角、閉店が早くて、意を決して一軒目に入ると「もう火を落しました」と断られた。

7時半でラストオーダーらしい。

2軒目に行くと、こちらはラストオーダーが8時でギリギリに食べることが出来た。

 

食べ終わって満足して店員さんに「鰻は安曇川ですか?」と尋ねたら「うちは浜名湖です」と言われた・・・

 

そして店内の色々な展示を見ていて、ここがあの有名な蝉丸の和歌の題材となった「逢坂の関」と知る。

百人一首の坊主めくりでお世話になったアノ札だ。

 

〜これやこの 行くも帰るも わかれては 知るも知らぬも あふ坂の関〜

 

帰り際、近くの蝉丸神社に訪れたが真っ暗だった。

 

そして夜は琵琶湖ホテルの大浴場温泉に入ったのだが・・・

腰に巻くタオルは少し小さめだった。

そしていざ大浴場。

入ると十数名の先客が・・・・何故か皆、バスタオルを腰に巻いている。

??? やはりこの小さなタオルでは大事なところは隠せない。

慌てて大きなバスタオルを巻いて戻ったが、やはり日本人として違和感がある。

と、ここで、何気に彼等が日本人ではないことに気付く。

 

流石に湯船にはタオルを浸けないルールを守っているが、

バスタオルを巻くのは違和感がある。

どうやら日本人は自分だけみたいだ。

もう一人、サウナで一人、何も包み隠さず居眠っている人も日本人だろうか。

 

言葉を聴いていたら、感は当たっていた。

琵琶湖にも海外からの客は多いようだ。

次第に日本人率が上がったのか、バスタオルでない人が増え、

誰も来なかった露天風呂エリアも人が数人来た。

 

露天風呂より。

翌日、昼過ぎに大津から1時間半かけて朽木に到着。

先ずは50センチアップのマス、アワヨクバ、1メートルのイトイを釣るべく、ルアーを投げる。

静かなので昼飯にする。

いつもの「岩魚定食」で私は刺身、とれこは朴葉焼き。

何度食べても美味だ。

 

この日の釣りは惨敗で40センチ以下のトラウトばかり。

40.50アップは姿を見せなかった。

 

まあ静かに過ごした6月だ。

明日から7月。

 

 

 

村田 兼一 | 旅行・行楽 | 23:42 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH