<< 少女観音展・在廊前半日誌。 | top | 作品についてあれこれと。(個展は18日まで) >>

在廊日誌・後半編、個展最終週です!! 18日まで。

上の画像は画廊がお休みの月曜日に神田明神へ行った時のもの。

もう夏の日差しだった。

 

 

個展在廊三日目は日曜日だった。

近在の蕎麦屋は殆ど閉まるので、卵サンドを食べる。

しかしこのカフェの卵はゆで卵をグチュグチュにしたタイプではなく、

卵焼きだった・・・グチュグチュが好きなので残念。

 

開廊の1時に神保町画廊へ。

チョーさんが。

次のグループ展を一緒にする方とご来訪。

 

月乃ルナちゃんの時に衣装をお借りした若色さんと。

 

エリックさんと。

 

日本カメラの村上さん、写真家のサトウヒトミさんと。

 

画家の七戸優さんと。

国内での久々の展示が決まったとか。

 

あまね飛鳥さんと。

 

浅見さん、ネオさんと。

 

夜は神保町画廊の佐伯さんとれこと神田へ。

〆にイケメンのバーへ。

顔の良いバーテンは料理が旨いと佐伯説だと書いたら、

当の佐伯さんから「私は顔でそんなことを判断しません」と苦情が、

「大体、イケメンでもなかったし」と。

まあ、とりあえず白アスパラが美味かった。

 

月曜・火曜は休廊。

翌日月曜はいつも行く蕎麦屋へ。

 

東京堂書店を覗くと今回の出版物「少女観音」が棚に。

 

1時に七菜乃さんと待ち合わせて、神田明神へ行く。

去年、サロメちゃんと行った時のお礼参り。

 

狛犬の腹筋に反応する菜乃さん。

確かに6パックだ。

 

浅見さんに勧められていた鳥居の左隣にある甘酒屋・天野屋。

古い店の佇まいが良い。

 

私ととれこは冷の甘酒。アテはモロミだった。

 

かき氷好きの菜乃さんは甘酒のかき氷。

去年二度ほどこのお店がテレビで取材されていたらしく、人に話すと知っている人が多かった。

200年も前から地下6メートルの室で糀菌で米を発酵させているそうだ。

 

と言うわけで、月・火とお休みして今週水曜から始まる「少女観音展」、

いよいよ最終週です。

18日、日曜日までですのでお見逃しなく、よろしくお願いいたします。

 

村田兼一「少女観音」出版記念展〜The Girl as Goddess Kannon

6月2日(金)〜6月18日(日)開催
開廊時間:13時〜19時  会期中休廊日:月曜、火曜

http://jinbochogarou.com/

TEL03-3295-1160

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 15:47 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH