新人さんテスト撮影とトークショー飛び入り参加の日。

22日、新しいモデルさんのテスト撮影をする。

翌日が二十歳の誕生日と聞いた。

豆子ちゃん以来の小柄な方だ。

地元の方なので、気軽に来ていただけるので助かる。

 

テスト撮影の後、5時半にモデルさんととれこと3人で梅田へ向かう。

ヨドバシカメラの駐車場に車を停めて6時半に梅田蔦谷書店到着。

大阪駅ビルのルクアに入っているツタヤにて、

笠井爾示 ×七菜乃 トーク&サイン会 〜写真集『七菜乃と湖』発売記念」があり、

急なことだが、トークショーに飛び入り参加することになった。

2時間のトークショーだったが、楽しく時間を過ごせた。

 

ここで新作写真集の進み具合など。。。3月の話。

3月に入り、かなり不調が続いた。

そう言えば毎年3月はブログの記事も少ない。

引き籠っているのだろう。

 

不調は3/2に始まった。

緑地に散歩に行った帰り、車に乗り込むと突然鼻水が垂れてきた。

そこから半月は体がだるく痛く、なにをする気にもなれなかった。

そんな訳でルナちゃんの写真集の編集作業は滞ってしまい、

月の半ばにアトリエサードの鈴木編集長からの「写真集と個展の告知の為の資料」と言われ、

冷や汗が出る・・・

5月に出版予定だが、これは一月延びそうだ。

それもかなりピッチをあげて作業をしなくてはならない。

 

今日は谷崎榴美さん一家が来て、ハーブティを作る作業をしていた。

最初は一緒に試飲したり遊んでいたのだが、やはり編集が気になり2階に上がりチマチマと作業をしていた。

兎に角1ヶ月かけて良いものを作ろうと思う。

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:44 | - | - | - | - |

「The Nude」発売とタマ自撮り撮影のお手伝い。

 

3月1日

今年はタマ先生の写真集を出す予定だ。

そんな訳で今日は昼間タマの撮影を手伝う。

うちの使っていない離れ屋での撮影。

ヌイグルミや段ボールで出来た大きな電車等で撮影をしていた。

下の画像はセッティング中のタマ先生。

 

トップの写真は知り合いの画家のポージングを真似てみた。

下の画像などは仕事用に撮らせてもらう。

 

 

 

もうすぐ誕生日なので、とりあえずケーキ。

子供の南海電車帽子着用。

 

先月にブログに書こうとして書けなかった告知を。

2/26発売「The Nude」

 

日本カメラ刊行の「The Nude」掲載について。

10ページ掲載していただく。

モデルをして頂いた七菜乃さんも作家として掲載されている。

撮影地は、台湾の温泉地のホテル。

去年の12月台湾でのサイン会に際し、トークイベントをした七菜乃さんを撮影。

初めて使うソニーのカメラに戸惑いながらの撮影だった。

撮影時間は実質20分くらいだろうか。

 

財布やパスポートなどが入ったカバンを落として途中まで撮影どころではなかった。

警察からカバンが見つかったと連絡が入り、やっと上の空撮影から本腰が入る。

しかし、操作がまったく分からず、あっと言う間に終わる。

部屋は外光の良く入る、タングステン電球の部屋という難関のミックス光。

ホワイトバランスはオートでJPGのまま使ってみた。

画像は雑誌では使用しなかったカット。

 

 

「Tne Nude」はアマゾンや本屋さんで発売中>> アマゾン

そしてパソコン買い替えの忘備録を書きたかったが、

〆切もあるので、またあとで。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 
 
 

 

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 21:51 | - | - | - | - |

七菜乃さん撮影合宿

初日

お昼過ぎに七菜乃さんお越しになるが、あいにくの雨。

雨だと暗くて屋根裏では撮影にならない。

去年の台湾以来なので近況報告など。

 

夕方6時過ぎ屋根裏で衣装合わせと撮影案を考える。

高感度ノイズの確認で、

暗がりの中アルコールランプ一灯で撮ってみる。

右の小窓から夕闇の薄明かり。

目視出来ていないところまで綺麗に描写されている。

前回から作品に使い始めたα7R靴世暗いところの描写が良い。

色も綺麗に乗っている。

 

夜は菜乃さんも同機種のカメラを購入したので、使い方を説明する。

彼女はフィルム一眼レフカメラを使っていたので飲み込みが早い。

 

久しぶりなので朝まで飲んで話し込んでしまう。

 

翌日

 

飲み過ぎで疲れている。

12時半、タマが来ているが、頭がボケボケ。

3時頃から撮影。

 

5時過ぎ終了。

鍋の準備で買い物。

夜はまた菜乃さんにカメラの使い方を解説。

レンズはシグマの50ミリF1.8 DG HSMと渋い選択。

 

今日は早く寝ようとするが、またもや飲み過ぎてしまう。

 

翌々日

朝が辛い。

結局撮影は昨日と同じく3時から5時となる。

今回の撮影は巫女の末裔より月や火をモチーフに作画してみた。

この二日間は天気に恵まれ一応作品としてはカタチになる。

撮影途中、日本カメラから出る「The nude」というムック本の事で電話が入る。

台湾での撮影の写真に所々青味がかっているそうだ。

室内の黄色い照明で撮影したので外光が青くなったようだ。

ゲラ刷りで目立つとか。これは撮影後、豆スープを飲んで菜乃さんを駅へ送ってからレタッチする。

そう言えば、この旅行の時菜乃さんを撮影したのが今回のカメラの初撮影だった。

かなりハイキーに撮影している。印刷して締りがなくなるか少し不安である。

雑誌は2月下旬発売予定。

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:46 | - | - | - | - |

森之宮遠子ちゃん1年ぶり撮影合宿

1年ぶりの森之宮遠子ちゃんの撮影。

かなり見ていなかったので印象がすごく変わっていた。

可愛くなっていた。

先ずは髪型が変わっていたが、仔細に見るとメイク等変化が見られる。

 

10代は若いけれど脂肪が顔に多くすっきりしない。

20代は程よく脂肪も落ちて来て目が大きくなり、鼻も高くなる。

そして自分に似合った化粧も衣装も分かってくる。

まあ、そんなところだろうか。

 

去年2月の撮影分の続きで撮り始めたけれど、

同じ人、同じストーリーの続きには見えないかもと思う。

彼女では余り撮らなかった、うしろ姿を2点加える。

今回は去年11月くらいに購入しているα7R靴箸いΠ鼎い箸海蹐任了1討剖いカメラを使用。
レンズは24−70のF2.8通しのGレンズ、ピントの決まり方が暗くとも半端無い。
しかし私の暗いスタジオでは夕方近くになると効かなくなり、いつもの手動となる。
とりあえずボタンの多いカメラで苦労する。
カメラに関しては躯体が脆弱なのが気になる。
既に台湾でファインダーを割ってしまって修理済み。
しかし良いカメラには違いない。

初日、翌日は去年の撮り足し。
2日目は雨で潰れる予定だったのが、晴れて撮影する。
3日目の為に新たな衣装を何点か試着していただく。

この衣装は候補から外れたけれど、ヘッドドレスを逆さに着けたところが可愛いので。

多分、こう言う風に髪が広がらないのも似合うのかもと思う。

スマホでの撮影。

 

3日目は新たな衣装で次のストーリーを。

この衣装は彼女が気に入ったのだが、

遠子ちゃんはもっと清楚系が本領を発揮するのだろうなと感じた。

 

口数の少ない遠子ちゃんと3日間楽しかったです。

来月には留学するとか。

旅の話が楽しみです。

 

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 21:48 | - | - | - | - |

新春 月乃ルナちゃん撮影合宿。

去年の9月からほぼ4ヶ月、ちゃんとした撮影をしていなかった。

写真集の編集や個展の準備など終え、そこから個展や台湾でのサイン会など遠征があり、

バタバタしてモデルさんともスケジュールが上手く合わずにいた。

そうこうする内に鬱々として来て、認知症なのか鬱なのか良く分からない日々が続いていた。

 

1月5日

3時頃、月乃ルナちゃんを最寄り駅へ迎えにいく。

身体も心もかなり重く、直ぐには撮影は出来ず、そのままずーっと話をしている。

夜の10時を過ぎてやっとテスト撮影をする。

10分ほど撮影して後は翌日からの衣装合わせで終わる。

 

 

5時近くまで飲んでいる。

ルナちゃんはスコッチやコニャクなどが好きで、

この日は浅見さんから頂いたイチローズ・モルトを飲んでいた。

 

6日

先ずはリハビリ代わりに去年の初夏の頃に撮影していた作品の撮り足しから。

前回も少し痩せてきたイメージがあったけれど、今回はかなり顔の印象など変わってきた。

2時過ぎから始めて準備に1時間かかる。

4時15分頃、4カットで終了。

日没がすこし延びている感じがする。

7日

新作に入る。

衣装も場面も変えて撮影するが、あまり満足できる結果にならず。

 

夜中、ギターで伴奏、ルナちゃんが歌う。

 

8日

気分を変えて山奥で撮影。
乗り物に強そうなイメージのルナちゃん、山道で酔ってしまわれる。
運転が荒いのを反省する。
その後はヒールで足をとられて苦戦する。
久しぶりだと色々と準備を忘れてしまう。
山での撮影は5年ぶりくらいか。
ちゃんと撮影したのは七菜乃さんのキノコがラストだろうか。

下はオフショットでフルートを構える図(スマホカメラ)。

 

下山してケーキ屋へ行く。

 

ケーキ屋はおっさん達の巣窟で何故か女性はルナちゃんだけだった。

 

その後、くら寿司へ行きたいという希望で外出するが、何故かスシローとなる。

 

9日

ルナちゃんの発案でミシン台を、これもかなり久しぶりに使ってみる。

4時40分近くまでギリギリの明かりで撮影する。

一番上の画像もこの日に撮影したもの。

 

6時40分、ルナちゃんを最寄り駅まで送る。

この数日で何だか頭がすこしスッキリして来た。

撮影不足だったのかも知れない。

 

 

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:13 | - | - | - | - |

新人・琴ちゃん炭水化物撮影合宿。

今回も前回に続き初めてのモデルさん。
6月の神保町画廊での個展で撮影を約束していた方だ。
遠方から3日前に前乗りして大阪を観光をされていたが、
今回の大型台風に遭われてしまい、翌々日に我が家へ。
撮影に関しては前回お会いした時に、胸が大きいとは気付かずにいて、
胸が収まる服がなく困ったことになる。
モデルさんにはいつも食べ物の好き嫌いを尋ねるのだけど、「好物は炭水化物」という答えだった。
初日の夜はお好み焼きにした。
翌日は2食うどん。そしてラーメン、冷麺と続く。
私は連日の炭水化物に便秘になってしまったが、とても満足頂いた。
下の画像は近所の有名ラーメン店。

 

モデル名は琴ちゃんとなる。

5年前、彼女が高校一年の時にtwitterで私に話しかけたことがあるらしい。

その頃から私の写真のモデルが夢だったそうだ。

夢が叶ったと喜んでおられて私もとてもうれしい。

しかし、長く続けて欲しいので、炭水化物は程ほどにと洗脳していく。

毎晩飲まれるが、前回の奈々さん同様でとても強い。

高級な日本酒を2本も持参していただいた。

有り難やである。

しかしこれも糖質だ・・・

 

毎晩飲んでいて、彼女の口から出てくる文学の話は4.50年前にタイムスリップしたような不思議なものだった。

先ず、彼女は私が不条理文学が好きだと踏んでいたらしい。

カフカやカミュの話から始まり何故かゾラへ飛びランボー、そしてドストエフスキーやら谷崎潤一郎、川端康成、太宰、漱石。

そしてマルキドサド。私は10歳から不登校となり親父の書棚で暇な時間を潰していた。

その中に堀口大学訳のサドの「女性への憐憫」「悪徳の栄え」があった。

50年前なので内容は覚えていない。

まあしかしこの辺りまでは文学好きならばと思ったが、とどめに深沢七郎の人間滅亡の・・・が出てきた。

私の小学高学年の頃の愛読書だ。

今までこの本の話を他人としたことがない。勿論、既に内容は綺麗に忘れているが・・・

4晩飲んでいたが懐かしい友達と飲んでいるような楽しい日々だった。

漫画も高橋葉介や吾妻ひでおと懐かしいものを読まれている。

そして幼い頃、ジェニーという人形の雑誌を祖母の家で熟読していたと言う。

私は全巻持っているのでお貸しする。

ついでにジェニーを一体里子に貰って頂く。

色々と人形を見せていたらフランシーが特に気に入られたようで、

オークションで買うことになる。

なんとも趣味の合う飲み仲間が出来たものだと思っている。

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 00:06 | - | - | - | - |

新人奈々さん初合宿。

今回の撮影合宿は久しぶりの新人さんだった。

本当に数年に一度しか新しいモデルさんに出会えないので新鮮。

気に入ったモデルさんに巡り合える時は重なるので、今年は期待できるかも。

 

今回26日から撮影を予定していた。

25日、翌日の準備を終え、午後9時頃twitterを見ていたら、このモデルさん、大阪は京橋の飲み屋に居るとツイートしている。

びっくり。

「前乗りしている!!」と気付き、夜の10時半に最寄り駅まで来ていただき我が家へ引き取る。

飲んで早めに寝ることに。

twitterでのモデル名は瑞奈々さん。
初めは瑞樹奈々だったが、漢字は違うが同姓同名の声優が居ることを知り、一字抜いたとか・・・ユルイ。
彼女のツイートを見ているとユルユルのビッチキャラを演じてられるので、すこし心配な初対面だった。
しかしなかなか礼儀正しく、心配りの出来る方なので少し安堵する。
只、とんでもない野生児なところがあり、驚かされることもしばしば。
兎に角毎晩良く飲まれる。
ビール2Lの後、日本酒720ml瓶を2時間くらいのペースで。
楽しいお酒なのだけど体が心配だ。
「太りやすい体質なので」と、昼食後、突然炎天下の中30分走り出す。
なんともびっくり。
そんなことしなくても、すこし控えればと・・・・
撮影ではかなり彼女の本来持つ野生味を消して、もうひとつの面である母性と幼さを前面に出して頂いた。
撮影は屋根裏部屋、女神シリーズと題している巫女やシャーマンなどモチーフにした撮影。
今回は鈴のリーフを使って弁才天的なイメージで撮る。
まあ愉快な人で良かったという感じで3日間の撮影終了。
帰り際にまた驚かされることがあったが、またの機会に。

 

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:19 | - | - | - | - |

〆は七菜乃さん撮影合宿で。

7月中旬から始まった連続撮影合宿はルナちゃん、マリアちゃんときて、〆に七菜乃さんで終了した。

今回は疲れているだろうということで撮影日は1日だけ。

お優しい。

 

初日は台風が接近する中、大阪の撮影会の為に東京から。

そして夜に我が家へお越しになる。

しかし台風が大阪直撃予報で、

NHKの台風情報を肴に飲んでいた。

 

夜中の1時を過ぎた頃より雨風の叩きつける音が物凄い。

そんな中、飲みながら台風が過ぎるのを待つが、北からの風が強くて壁が一部崩落。

雨漏りも5箇所ほど。

翌日

昼から良く晴れている。台風一過というやつだ。

3時からどんどん撮っていく。

前回、立ちポーズばかりだったので今回は寝姿ばかり。

5時に終了、久しぶりに元気なのでカキ氷を食べに行く。

 

菜乃さんと言えばカキ氷と牡蠣(かき)。

美味しいものしか食べないがモットー。

私は年老いて、美味しくないものも我慢して食べれるようになりました。

この変化って何なのかと思う。

しかし主に好きな刺身が常食。

夜中に菜乃さんとアニメを観る。「スペース・コブラ」という古いアニメ。

なんでも菜乃さんは「コブラ展」に出展するそうだ。

私は当時20代だが読んだこともアニメを観たこともないので、1話だけ観てみたが面白そうだった。

ついでに懐かしんで「ダーティペア」も観てみたが、流石に古臭く感じる。

当時はスペースオペラが好きだった。

 

翌々日

午前11時に帰られるという事だったが、寝過ごされたようで私の起床時間と同じになる。

駅までお送りする。

 

アトリエサードの鈴木さんから秋に出版する写真集の画像を求めるメールが・・・

そろそろ突貫工事でやらないとヤバイそうだ。

でもレタッチが全て済んでいない・・・

しかしドイツの方からも「早く画像を」と言って来ている。

ドイツの方はまだまともな契約書を送り直してこない、とりあえず契約書を交わすところからだが、

こちらも今週中に送らないとヤバイ。

 

ラストに七菜乃さんが自撮りしているのを横からスマホで撮ったものを。

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 21:59 | - | - | - | - |

蜜マリアちゃん撮影合宿(爆睡編)

地震、豪雨、災害のような猛暑の次は逆方向から来る台風。

それもかなり大きな台風に直撃されそうだ。

もう屋根瓦が飛んでいかないことを祈るばかり。

 

ルナちゃんが帰られてから2日後に蜜マリアちゃんが来る。

空いている2日間で欧州の写真集の契約書を読み直し、

以前の契約より不利に変更されている箇所を改めてもらう交渉をする。

また「電子書籍」に関しては削除してもらう。

 

マリアちゃんの作品は「少女観音」辺りから欧州の写真集に掲載される。

下の画像は「少女観音」アトリエサード刊より。

マリアちゃんが来る日、午後3時過ぎ、駅に到着したとラインが入る。

迎えに出る。

駐車場まで100mほど歩くが、自分の車が見えて来た時点で急に目の前が暗くなる。

どうやら28度くらいの冷房の部屋から38度の道を歩いていて具合が悪くなったようだ。

慌てて帰り、タクシーで来てもらうことにした。

 

マリアちゃんも具合が悪そうで、6時から20分だけテスト撮影する。

それが一番上の画像。下の画像は最終日撮影。

翌日

マリアちゃん、具合が悪く午後2時頃起床。

夕方1時間ほど撮影する。

この1時間以外は全て彼女は寝ていた。

そして夜の11時頃起きてお酒に付き合ってくれる。

しかし朝の4時頃また寝てしまう。

 

翌々日

2時頃起床。

撮影は最終日なので4時からなんとかカタチになるように撮影をする。

6時20分終了。

夕食を除いて風呂に入る11時までは寝ている。

 

今回はタマから頂いた紺色の天蓋越しに撮影することが多い。

夜中に彼女が今見ているマクロス・フロンティアに付き合う。

最終回まで5話分くらい観る。

今年はヴァイオレット・エバー・ガーデンが良かったと意見が一致する。

 

翌々翌日

彼女は夕方まで寝ていて夕方4時半に駅へ送る。

本来はここから九州へ行く予定だったようだが、東京へ帰られる。

そして明日は七菜乃さんが大阪で撮影会を催される。

その後、夜に我が家へ。

台風の最中、果たしてどうなるのだろうか・・・

七菜乃さんと我が家の安全を祈る。

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:36 | - | - | - | - |

月乃ルナちゃん撮影合宿とハーブティ「眠り姫」通販開始

異常な豪雨の後の異常に早い梅雨明け、そして異常な猛暑。

そんな酷暑の中7月は中旬から月末まで撮影が続く。

果たして体は持つのだろうか・・・

兎に角、先ずは月乃ルナちゃんの撮影合宿が始まった。

 

髪色が前回の金髪からグレーへ。

華やかな甘さから落ち着いたクールなイメージになっている。

今回は天使集のシリーズから堕天使のイメージで。

初日の撮影後、明日の女神シリーズの衣装に変更して軽くテストをする。

屋根裏で撮影しているとよく頭を低くなった天井にぶつけるので、私は工事用ヘルメットを被っている。

ルナちゃんはそれをどうしても被りたいらしく、装着して機嫌な感じになる。

 

翌日

昨日より暑くなり室温は正午で既に38度を越えている。

3時までクーラーで冷やして3時頃より撮影。

室温は8度ほど下がっている。

 

この紺色の天蓋と布はタマから頂いたもの。

タマ作品に多く使用されてきたものだ。

今回はルナちゃんは酔っ払うと開脚ストレッチを始める。

3日に一度の15分ヨーガを3ヶ月、ここまで柔軟になったとか。

 

翌々日

前回個展で発売した睡眠系のハーブティが出来ている。とりあえず10缶を通販予定。

著者通販サイト>>http://kenichimurata.cart.fc2.com/

夜にカルマセレクションで販売予定のハーブティ「眠り姫」の宣伝ビデオをスマホで撮る。

もうバテバテで頭が上手く回らないところをルナちゃんが上手く文章をまとめて解説。

リハなしの一発撮り。

感謝。

 

翌々翌日

一日早めに切り上げて撮影合宿は終了。

4日連続は夜になると頭も体もグタグタになる。

兎に角、頭が働かず、1日3時間撮影しているが、いつもの半分も進まない。

集中力が抜けていく。

 

夜に駅まで送り出し、アイスを買って帰る。

翌々日から始まるマリアちゃんの撮影までに、ドイツの出版社と放置してある契約書のことで詰めなければならない。
一瞥すると随分と不利な内容になっているから、かなり修正させる必要がある。
二日でまとまるかな・・・

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:05 | - | - | - | - |
1/30PAGES | >> |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH