撮影合宿、ペンギンと旅をする。

60歳といえば定年退職の歳だ。

セカンドライフや悠々自適などという羨ましい言葉も思い付く。

私事で言えば、定年もなければ退職金もない。

死ぬまで働くしかない。

獣と同様だ。

まあ人とて動物だから従うことに文句はないが、

余裕の老後というのも夢ではあった。

 

ケモノの末路と同じく、寄る年波に身体も頭も弱り、なかなか辛いものがある。

今回は七菜乃さんの撮影合宿だったが、撮影案がまとまらずにご迷惑をかけた。

これは明らかに頭が弱っている。

去年末からドイツの編集者と次の本の編集をどうするか話し合っていた。

画像の整理も済まないうちに、相手方から以前出した Upskirt Voyeurという写真集のような編集をしたいと言って来た。

この写真集は日常的な会食や遊びに行ったスナップやらモデルやアシスタントとの日常も入っている。

勿論、作為的な非日常なのだが。

 

まだモデルもアシスタントも京阪神に住まれていて、楽しい撮影が出来ていた。

最近はモデルさんはほぼ東京。

アシスタントはデジタルで身軽になったので頼まなくなった。

そんな訳で日常的なスナップは激減した。

日常スナップを増やすべく、今回は菜乃さんにペンギンを背負って旅に出てもらおうと考えていたが、

二度三度と迷いが出て、上手くまとまらない撮影だった。

七菜乃さんとの付き合いも7年目に入るが、あまり外に出ることはなく過ごしている。

「日常の非日常シリーズ」という変な日常は撮っているのだが・・・

今回、編集で色々と画像を見直していて気に入った5年前の一枚。

激しい逆光で以前は処理できなかったものを何とかレタッチする。

 

当時は撮影とも遊びともつかない撮影が多く、それらがUpskirt Voyeurの核となった。

遊びと本気の狭間に良いものが現れる。

しかしタマや榴美さんには下品だと評判は悪かった。

それまでのモノクロペパーに着色された作品とは違い、

デジタル写真はなんとも明け透けだった。

そこから6年が経ち、既にデジタルでしか撮影をしなくなってしまった。

たった6年なのだが、状況が著しく移り変わりなんとも隔世の感がある。

村田 兼一 | 撮影・制作 | 00:44 | - | - | - | - |

初夢、撮影合宿日誌。

新年の挨拶、遅くなりました。

あけましておめでとうございます。

 

12月は27日夕方、七菜乃さんをお迎えする。

撮影合宿だが、年末年始ゆえ来客が多く撮影は思う様には出来ず。

年末年始ゆえに遅くまで呑みすぎて撮影が思う様に出来ず。

 

30日は前回ブログの通り、還暦を祝っていただく。

 

大晦日、夕方に撮影を1時間。

夜は紅白など観ながら年を迎える。

年が明けて1時頃、近所の神社へ向かうが、人が多くて一旦帰る。

2時頃再び出向く。

 

 

そのまま朝まで呑んでしまう。

元旦は夕方に起床。

菜乃さんは知り合いに会いに、私はとれこと出かける。

途中、また別の神社で参詣。

ここのご神木の楠は樹齢1千年を超えるといわれる巨木。

 

元日二日目から翌日の親戚との年始の準備を始める。

夕方、七菜乃さんを駅まで送る。

今回の撮影は久しぶりに床の間を使う。

和装も久しぶりだ。

また久しぶりにライトを使用。

多分刀は三度目の使用。

数年前に榴美さんで切腹のイメージで撮影したことがある。

 

元旦の夜に印象的な夢を見た。

母が亡くなり、通夜葬儀と出さなくてはならなくなる。

色々と準備をして阪奈道路を生駒に向かって親戚などと集団で歩く。

もう夜で星空が出ている。

下に鉄道が通る高架橋を渡ろうと坂道を歩いていると、南東の空に無数の星が直ぐ近くに現れる。

直ぐ近くといっても瞬く小さな光なのだが、ものすごく数が多く、その闇も周りよりも濃い。

空が裂け、そこに宇宙が現れたように見える。

 

慌ててスマホで撮りだすが、心許ない。

みんなも騒いで見ている。

踵を返して随分離れた我が家へカメラを取りに帰ろうとする。

 

もうひとつの夢も母が亡くなり、通夜葬儀と出さなくてはならなくなる。

しかし自治会に届けていなかったので、通夜は翌日に繰り越されてしまった。

翌日、生駒の山頂を目指して集団で葬儀に行くために歩いている。

 

礼服で山頂近くまで登ると、背後で大きな物音がする。

振り返ると駅があり、急な山肌を登り大きな電車が入ってくる。

圧倒的な力強さ壮大さに、思わずカメラを構え何枚も角度を変えてシャッター切った。

 

これが今年の初夢だった。

両親共に亡くなっているので、予知夢でもなんでもない。

内容としては、何か突然に起きる大きなイベント、

壮大な自然の美しさ、

山の麓から頂上へ登っていること、写欲など。

深層心理が何を物語っているのかは分からないが、

ここ暫く、思うように撮影案が出来ずに苦しんでいたので、

まあ、良い出会いがある夢だと感じた。

 

 

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 21:44 | - | - | - | - |

還暦日記 撮影合宿中だけど。

 

今日は誕生日。

しかも還暦だった。

赤いチャンチャンコは免れたが、赤い帽子を被せられた。

 

モデルさん、元モデルさんに囲まれて祝ってもらえて幸せだった。

なんだか爺さんになった気分の一日だ。

ケーキがあると誕生日っぽくなる。

タマに頂く。

 

日本酒も沢山頂く。

年末に浅見さんやぴかさんに頂き、

加えて今年は菜乃さんにまで頂いた。

 

熱燗金賞を親戚が持ってきてくれた。

馬刺しはサロメちゃん、目出度いをhakuさん。

神保町画廊の佐伯さんからは犬のカンチョコ。

バラの花束を友人から・・・

感謝です。

 

クリスマスとかぶってロイズのチョコを札幌のしのぶさんから、

同じく北海道の友人からはどろ豚ハムが届く。

ロイズのチョコポテチは写メを撮る前に、二箱のうち一箱をたまらず食べてしまう。

 

昨夜、作っていた還暦祝い前の画像・・・

撮影合宿中と還暦前をふたつ同時に表現出来ないで、

結局、アップをやめましたが。

 

友人のくれた花束で撮影してもらっていたら、

乱入される。

 

また皆様からは誕生日メッセなど頂き有り難うございます。

来年もよろしくお願いいたします。


 

 

村田 兼一 | 日常日記 | 21:19 | - | - | - | - |

根堀葉堀とタイムトラベル。

この写真は2012年11月も下旬の撮影だ。

タマの左にある直径10センチくらいの柿の木を去年に切った。

しかし、その根は深く掘り起こそうとして、挫折してそのままだった。

 

下の画像が切り株を掘ったものなのだが、

木の直径に比べて根のほうは25センチと太いのだ。

 

去年の秋頃はこの上の画像の半分まで掘り起こし、

横に伸びる根を断ち切った。

これで根を起こせると考えていたが、ピクリとも動かない。

心折れて一年放置していた。

 

そして12月に入ってから、再び根堀を再開した。

今回は先ず倍の深さまで掘り、次に前後左右にと横に伸びる根を切った。

それが上の画像だ。

ここで、少しは根がグラッとする予定であった。

しかし矢ハ理、ハンマーで叩いてもピクリともしない。

 

しばらく筋肉痛で倒れていた。

 

 

深く掘りやすいように、横に伸びる根を短くしていき、

上部の株の部分も切り落とし、穴を掘り進めた。

 

 

するとなんと、骨壷のようなものが現れ一瞬凍りつく。

洗ってみると軟膏や化粧の瓶のようでもあるが良くは分からない。

 

誰が地中80センチまで穴を掘って白い瓶を埋めたのだろうか・・・

そう言えば戦時中、庭に防空壕を掘ったと聞いたが、

この辺りだったのか。

 

そして地中に埋まっていた根の部分も40センチほど切り取り、

いよいよあと少しと思いきや、掘り進めるとまだ30センチは根がある。

ほぼ1メートル近く掘ったのだが、なんとも根が深い。

 

真ん中の葉っぱが赤黄色いのが柿の木だ。

これは5年前にスリップしている。

穴は庭の壁際。大きな石も邪魔をして作業がやりにくい。

 

柿の木の右手から撮影している。

今回、黄色く囲ってある木の根も取り除いた。

ずいぶん前に切られていて株だけだったので、

その根はすんなりと掘り起こせた。

 

ちょうど職人さんに植木の剪定をして貰っていて、柿の根を見て、

「もうこれ以上取らなくても、これで十分」と言われる。

これにて闘いを終えることにする。

念の為に黒のビニールを被せて埋め戻す。

 

 

埋め戻した後、根の部分を置いてみた。

これを冬至の日に終えることが出来て、

今年の冬至はどこか儀式っぽくなったと満足する。

 

この柿の木は昔に植えられ、一度切り倒されていたのだろう。

それがまたこの10年くらいで大きく伸びた。

なので根が太かったのだろう。

 

今思えば50年前の小学生の頃、祖母が「うちの柿木は実がならん」と話していたのを思い出した。

そんなある日、柿木の下に桃の実が落ちていた。

「これは桃の木だったのか!!」等と家族は騒いだが、

どうやら誰かの悪戯のようだった。

後に一度だけ柿の実を付けたことがあるからだ。

 

何にせよ切ったら根の処理もちゃんとしてもらいたいものだ。

50年物の柿の木は大変だった。

 

うちの家は鉢植えでもらった木を、

何でもかんでも地植えにするという悪習があった。

そのお陰でまあ何度も苦労させられる。

このゴールドクレストも小さな観葉植物だったが、

数年で伸びた。

上の写真で、シャベルを持って立つタマの右手の鉢には、まだこの木は植わっていない。

5年も経っていないのにこの高さ。

鉢に植えておいて良かった・・・

 

クリスマスツリーの代わりとする。

メリークリスマス!

 

村田 兼一 | エッセイ | 02:48 | - | - | - | - |

伊勢小旅行

ひと月前にホテルだけ予約していた。

いつも通り午後12時頃に起きて車で出かける。

早く到着したら伊勢のおかげ横丁でも寄ろうと思っていたが、

サービスエリアでどうも長居してしまう。

鳥羽のホテルに到着は5時過ぎだった。

 

夜はフレンチだった。

画像は前菜の貝類。

メインが伊勢えびと松坂牛と二皿。

豪華だが少なめで、胃袋が小さい私には丁度であった。

 

色々と明かりの少ない田舎の方にも旅行しているのに何故か星空を見ていないことに気付き、

今回の目的は星空を見るということだった。

 

画像は部屋のテラスから見える景色。

テラスにカメラと三脚、窓を閉めて部屋からリモコンで撮影していた。

菅島の大山が見える。

 

ホテル内のプールサイドの奥に小さな展望施設もあり、オリオン座など覗く。

その後、温泉につかる。

 

 

翌日はなんとか朝食を食べようと9時前に起きるが、

朦朧とヨーグルトだけ食べて再び寝てしまう。

12時にチェックアウト。

 

とれこが「牡蠣ライン」なる道をパンフレットから見つけて来る。

当てのない旅行なので、とりあえず走ると、次から次へと牡蠣小屋が出てくる。

10キロほど走った冷暖房完備の店へ。

 

 

少し高台の店から伊勢湾を見ると牡蠣の養殖筏が沢山見える。

 

内宮に参る前に「猿田彦神社」を見つけて寄る。アマノウズメの社もあった。

猿田彦の奥さんになったようだ。

ウズメは天照を天の岩度から誘い出すくらいの踊り上手、

今では芸能の神となり、多くの芸能人の名前があった。

 

この「たから石」がいい感じだ。

 

内宮の参道におみくじ付のATMが・・・

 

そして内宮の鳥居前。

ここから先は寒くて、ほぼ駆け足で参拝する。

 

たまにぶらっと旅行をすると気分が変わる。

何故か毎年この時期旅行をしている。

去年は台湾で一昨年は七菜乃さんと和歌山だった。

 

寒さで気が滅入ってきたところに良い薬となる。

 

村田 兼一 | 旅行・行楽 | 22:13 | - | - | - | - |

次の一年と七菜乃さん撮影合宿。

11月の個展でこの一年の自分の作風を確認して、

次の一年は「こうしよう」と漠然と思い始める。

今回の七菜乃さんの撮影でかなり方向が見えてきた。

 

天井を星空にしているのは、過剰かも知れないので、

まだまだ迷うところも多い。

 

まあ他人から見たら同じに見えるかもだが・・・

ランプももっと多用しようと思った矢先、ブルーのアンティーク・ランプのホヤが割れてしまう。

あらたにランプを数個購入する。

 

インスタグラムに上げた七菜乃さんのイチゴの下着画像や動画が思わぬ反響、

その下着でクリスマスっぽいものを撮ってみる。

クリスマスというよりはビアガーデンのようだった。

 

遅くなりましたが。

11月の写真展「天使集」にお越しいただいた方、

ツイートやリツイートFBなどで応援いただいた方々、

有り難うございます。

最近はインスタも力入れております。

またフォローお願いいたします。

https://www.instagram.com/ken_murata7/

村田 兼一 | 撮影・制作 | 21:15 | - | - | - | - |

在廊日記・後編、個展は19日まで。

〜個展は11/19まで続きますが、

  とりあえず先日の在廊の時の話など〜

 

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

11/4土曜日

朝9時半に起きて新宿へと地下鉄に乗った。

昼頃起きる私にとっては驚異的な早起きだ。

 

寝付けないからと朝方まで飲んで寝るので、

ここ数年、血液検査は芳しくなく、

最新の眠剤というものを飲んでみたのだ。

 

2014年に発売された新しい薬だ。

それまでは1960年ごろの薬を飲んでいた訳で、薬の作り方が一から違うらしい。

薬が体に合ったのだろう。

 

新宿3丁目で降りて、歌舞伎町を通り抜ける。

 

するとゴジラが見えて来る。

先日、オーナーの佐伯さんにゴジラの横のカフェの話を聞いて、

無性に行きたくなった。

 

海外の方がほとんどだった。

 

神保町の「たかせ」でざる蕎麦を食べようと帰るも臨時休業。

松翁は遠い・・・泣くなく小諸蕎麦へ。

そして2時頃画廊へ行く。

 

豆子ちゃんが来てくれる。

 

紺山さんと。

 

初日は人見知りモードでツーショットを余り撮れなかったが、

この日はかなり寝ぼけて撮り忘れていた。

沢山お越しいただいたのに、早起きが祟ったようだ。

 

遅くに来たサロメちゃんと二人のオーナーとれこと5人で魚系の飲み屋へ。

新たな眠剤のせいかビール一杯で眠くトロンとする。

 

中華といい和食といい牡蠣が旨い季節だ。

そう言えばサロメちゃんの写真も忘れた。

 

11/5日曜日

もう蕎麦を食べるラストチャンスだが、日曜日は何処も開いていない。

神田藪蕎麦へ。

火事で燃えてから初めて来る。

 

新しく綺麗だが佇まいは古くしつらえてある。

値段は観光価格でお高い。

 

歩いて20分ほどで画廊へ辿り着く。

お客さんで見覚えのある特徴的な財布を出している方がいた。

密漁船のバイトで拿捕、今は政府の要請で欧州やアフリカを渡り歩く謎の歯医者さんである。

 

近くにバイトの咲夜ちゃん。

 

ルナちゃん一筋の若色さんと。

 

ポピーさん。

 

花咲はなさん。身体が異常に細くて面白いのだ。

 

いつものぴかさん、浅見さんと。

 

七戸優画伯と。

 

ひなちゃんと佐伯さん。

 

大阪に帰る間際、コレクターの小泉さんがお越しになる。

 

6時に大慌てでタクシーで東京駅へ。

バリケードは準備されていたが、ギリギリ、トランプ封鎖は逃れることが出来た。

 

ウニばかりの店に入る。

ウニのパスタとウニのオムライスを頼む。

 

10時半と比較的早く帰宅する。

浅見さんに帰る前に頂いた還暦前祝の赤飯を食べる。

噛みしめると甘みと塩みが絶妙に口の中に広がる。

日本茶を飲むと何とも幸せな味がする。

 

翌日、頂いたお土産を写真に収めておく。

(タマさんへと言いつかったものも入っている)

ケーキや他のものは美味しく上京中に頂いた。

有り難うございます。

 

そして15日水曜日からいよいよ最終週。

写真展「天使集」は19日で終了です。

よろしくお願いいたします。

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 23:14 | - | - | - | - |

「天使集」在廊記・前半

 

10月は雨ばかりだが、個展に入り晴れが続いた。

久しぶりに綺麗に富士山が見えた。

 

前日まで送り残しのファイルなどを整理して発送していた。

今回はひどい逆光での作品が多くてプリントにかなり苦労した。

 

 

4時過ぎに予定通り神保町画廊へ。

今回は人見知りモードが働き、なかなかお客さんと会話やツーショット写真が撮れない。

このモードは3日間続く。

折角お越しになった顔見知りの方に申し訳なかった。

 

そして6時頃、どっと知り合いが来訪。

あまりに一斉だったので、何人か会話も出来ずに帰られてしまい申し訳ない。

 

そんな中に四谷シモンさんが。

 Dollhouse Noahさんに呼ばれて紹介していただく。

品のある優しい方だ。

 

渋澤龍彦が20代の愛読書だった私にとっては、敬愛する人形作家の一人だ。

この歳になって言葉を交わすことがあるとは思いもよらなかった。

一言一言に勇気付けられた。

 

 

先日、大阪で個展をしていた中島清八さんも来訪。

等身大の七菜乃さんは精緻で素晴らしかった。

中島さんはエコール・ド・シモンの生徒だったそうだ。

そして中島さんは本当に久しぶりのモデルさんと同伴だった。

雰囲気が変わられていて分からなかった。

お元気そうで何より。

 

 

チルチル咲夜ちゃんと。

オッド博士の美少女図鑑」(最合 のぼる、 Dollhouse Noah)の写真と物語の本では違う名前で出ていた。

 

マリアちゃんと。

変なテンションで困った。

 

コーイチさん、世那っちさんと。

 

ネオさん。

 

ねこさん。

 

THの鈴木編集長。

 

七菜乃さんと。

 

オーナーの佐伯さんを見つめる諏訪敦氏

 

近頃出版した画集をいただく。

ちらりと見ただけだが、色彩の素晴らしい本だ。

門外漢だが、画力はここ数年でまた飛躍的に伸びているように感じる。

モデルの企みや息遣いが感じ取れる・・・印刷なのにだ。

Blue 諏訪敦

 

 

夜はオーナへの高橋さん、佐伯さんに連れられて中華で円卓を囲む。

総勢11名で個展の打ち上げと「還暦の前祝」をしていただく。

唐辛子が半端なく多く料理を食い尽くしても写真のように唐辛子の山だ。

牡蠣料理がかなり美味だった。

 

 

マリアちゃんと狛犬。

ずーっとハイで顔がへらへらしている。

 

とりあえず唐辛子も装飾も真っ赤な、還暦祝いにふさわしい場所だった。

 

土曜日曜はの在廊記はまた次回に。

個展は11/19まで続きます。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

村田 兼一 | 展覧会 | 21:40 | - | - | - | - |

個展「天使集」新作の三重苦。

新作の「天使集」は一応全てプリントを終え神保町画廊へ送ったが、

未だに色味やレタッチの気に入らない作品をアレヤコレヤとしている。

多分、前日ギリギリまでやっている気がする。

 

この一年の作品はどこかフィルム時代に戻ったような印象だ。

これは神保町画廊の佐伯さんも同じ感想だった。

デジ一眼ではモデルに寄り気味で撮影していたのが、今回引き気味で場を見せる撮り方が多い。

部屋全体が写り込み、半分くらいが闇だ。着色写真時代のような目を瞑るポーズもある。

 

この一年で自分の中にどういう変化があったのかと考えるに、

心境の変化などなく、思い当たったのは「レンズを新たに購入した」ことだ。

即物的である。

今年広角ズームを買い足した。

15.30. mm f/2.8のレンズで20ミリくらいで撮ることが多い。

今までは30ミリくらいで撮ることが多いことを思うとかなり印象は変わる。

また小道具はトルソーに羽を付けたものを使うのでどうしても引き気味となる。

 

まあ、この1年の逆光で撮るシリーズはこの天使集シリーズで止めようかと考えている。

こんなにレタッチの大変な画像はちょっと辛い。

 

広角の歪の修正、逆光の修正、プリンターの機種変による色味の微調整、

今回は三重苦で大変だったが、その辺りも見る人に楽しんで頂ければと。

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

次は旧作のファイルについてなど。

そうそう、ハロウィン画像を忘れるところでした。

 

村田 兼一 | 展覧会 | 19:34 | - | - | - | - |

最多のミスプリントとテストプリント。そして在廊日など。

難航していたプリント作業がようやく仕上がった。

これからサインやエディションを入れたり、ファイルに入れたり・・・

11/3の個展直前には搬入出来そうだ。

 

今回のプリント作業はかなり難航した。

かなりきつい逆光の作品が多く、レタッチに手間取ったこともあるが、

プリンターを機種変更したことが一番の原因だろうか。

 

もう部品の供給がなくなると言うことなので、

同メーカーの同じくハイエンド機種を2年位前に購入していた。

しかし同じデータでは色味が茶色がかって出る。

これの微調整が面倒でずっと放置していた。

 

今回、時間に余裕があるので旧機種と同じ色になるように、

カラーバランスなどのマニュアルを作ってみた。

*ミスプリントの山

大体のプリントはマニュアルで間に合ったが、1/3は式通りには済まない。

そして400枚のテストプリントの山と、多くの時間を費やした。

 

また大きく伸ばすと微妙に気に入らない箇所が目に入り、

約110枚のプリントを刷るのに80枚のミスプリントも作ってしまった。

これらアート紙の細断がまた大変だ。

個展の在廊日だが、11/3の夕方4時過ぎから11/5の夕方6時くらいまで、

3日間を予定している。

 

今回の展示は壁展示が27点。

ファイルで新作84点。

旧作もファイルで180点ほどご覧いただける。

 

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

よろしくお願いいたします。

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:20 | - | - | - | - |
1/90PAGES | >> |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH