在廊日記・後編、個展は19日まで。

〜個展は11/19まで続きますが、

  とりあえず先日の在廊の時の話など〜

 

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

11/4土曜日

朝9時半に起きて新宿へと地下鉄に乗った。

昼頃起きる私にとっては驚異的な早起きだ。

 

寝付けないからと朝方まで飲んで寝るので、

ここ数年、血液検査は芳しくなく、

最新の眠剤というものを飲んでみたのだ。

 

2014年に発売された新しい薬だ。

それまでは1960年ごろの薬を飲んでいた訳で、薬の作り方が一から違うらしい。

薬が体に合ったのだろう。

 

新宿3丁目で降りて、歌舞伎町を通り抜ける。

 

するとゴジラが見えて来る。

先日、オーナーの佐伯さんにゴジラの横のカフェの話を聞いて、

無性に行きたくなった。

 

海外の方がほとんどだった。

 

神保町の「たかせ」でざる蕎麦を食べようと帰るも臨時休業。

松翁は遠い・・・泣くなく小諸蕎麦へ。

そして2時頃画廊へ行く。

 

豆子ちゃんが来てくれる。

 

紺山さんと。

 

初日は人見知りモードでツーショットを余り撮れなかったが、

この日はかなり寝ぼけて撮り忘れていた。

沢山お越しいただいたのに、早起きが祟ったようだ。

 

遅くに来たサロメちゃんと二人のオーナーとれこと5人で魚系の飲み屋へ。

新たな眠剤のせいかビール一杯で眠くトロンとする。

 

中華といい和食といい牡蠣が旨い季節だ。

そう言えばサロメちゃんの写真も忘れた。

 

11/5日曜日

もう蕎麦を食べるラストチャンスだが、日曜日は何処も開いていない。

神田藪蕎麦へ。

火事で燃えてから初めて来る。

 

新しく綺麗だが佇まいは古くしつらえてある。

値段は観光価格でお高い。

 

歩いて20分ほどで画廊へ辿り着く。

お客さんで見覚えのある特徴的な財布を出している方がいた。

密漁船のバイトで拿捕、今は政府の要請で欧州やアフリカを渡り歩く謎の歯医者さんである。

 

近くにバイトの咲夜ちゃん。

 

ルナちゃん一筋の若色さんと。

 

ポピーさん。

 

花咲はなさん。身体が異常に細くて面白いのだ。

 

いつものぴかさん、浅見さんと。

 

七戸優画伯と。

 

ひなちゃんと佐伯さん。

 

大阪に帰る間際、コレクターの小泉さんがお越しになる。

 

6時に大慌てでタクシーで東京駅へ。

バリケードは準備されていたが、ギリギリ、トランプ封鎖は逃れることが出来た。

 

ウニばかりの店に入る。

ウニのパスタとウニのオムライスを頼む。

 

10時半と比較的早く帰宅する。

浅見さんに帰る前に頂いた還暦前祝の赤飯を食べる。

噛みしめると甘みと塩みが絶妙に口の中に広がる。

日本茶を飲むと何とも幸せな味がする。

 

翌日、頂いたお土産を写真に収めておく。

(タマさんへと言いつかったものも入っている)

ケーキや他のものは美味しく上京中に頂いた。

有り難うございます。

 

そして15日水曜日からいよいよ最終週。

写真展「天使集」は19日で終了です。

よろしくお願いいたします。

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 23:14 | - | - | - | - |

「天使集」在廊記・前半

 

10月は雨ばかりだが、個展に入り晴れが続いた。

久しぶりに綺麗に富士山が見えた。

 

前日まで送り残しのファイルなどを整理して発送していた。

今回はひどい逆光での作品が多くてプリントにかなり苦労した。

 

 

4時過ぎに予定通り神保町画廊へ。

今回は人見知りモードが働き、なかなかお客さんと会話やツーショット写真が撮れない。

このモードは3日間続く。

折角お越しになった顔見知りの方に申し訳なかった。

 

そして6時頃、どっと知り合いが来訪。

あまりに一斉だったので、何人か会話も出来ずに帰られてしまい申し訳ない。

 

そんな中に四谷シモンさんが。

 Dollhouse Noahさんに呼ばれて紹介していただく。

品のある優しい方だ。

 

渋澤龍彦が20代の愛読書だった私にとっては、敬愛する人形作家の一人だ。

この歳になって言葉を交わすことがあるとは思いもよらなかった。

一言一言に勇気付けられた。

 

 

先日、大阪で個展をしていた中島清八さんも来訪。

等身大の七菜乃さんは精緻で素晴らしかった。

中島さんはエコール・ド・シモンの生徒だったそうだ。

そして中島さんは本当に久しぶりのモデルさんと同伴だった。

雰囲気が変わられていて分からなかった。

お元気そうで何より。

 

 

チルチル咲夜ちゃんと。

オッド博士の美少女図鑑」(最合 のぼる、 Dollhouse Noah)の写真と物語の本では違う名前で出ていた。

 

マリアちゃんと。

変なテンションで困った。

 

コーイチさん、世那っちさんと。

 

ネオさん。

 

ねこさん。

 

THの鈴木編集長。

 

七菜乃さんと。

 

オーナーの佐伯さんを見つめる諏訪敦氏

 

近頃出版した画集をいただく。

ちらりと見ただけだが、色彩の素晴らしい本だ。

門外漢だが、画力はここ数年でまた飛躍的に伸びているように感じる。

モデルの企みや息遣いが感じ取れる・・・印刷なのにだ。

Blue 諏訪敦

 

 

夜はオーナへの高橋さん、佐伯さんに連れられて中華で円卓を囲む。

総勢11名で個展の打ち上げと「還暦の前祝」をしていただく。

唐辛子が半端なく多く料理を食い尽くしても写真のように唐辛子の山だ。

牡蠣料理がかなり美味だった。

 

 

マリアちゃんと狛犬。

ずーっとハイで顔がへらへらしている。

 

とりあえず唐辛子も装飾も真っ赤な、還暦祝いにふさわしい場所だった。

 

土曜日曜はの在廊記はまた次回に。

個展は11/19まで続きます。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

村田 兼一 | 展覧会 | 21:40 | - | - | - | - |

個展「天使集」新作の三重苦。

新作の「天使集」は一応全てプリントを終え神保町画廊へ送ったが、

未だに色味やレタッチの気に入らない作品をアレヤコレヤとしている。

多分、前日ギリギリまでやっている気がする。

 

この一年の作品はどこかフィルム時代に戻ったような印象だ。

これは神保町画廊の佐伯さんも同じ感想だった。

デジ一眼ではモデルに寄り気味で撮影していたのが、今回引き気味で場を見せる撮り方が多い。

部屋全体が写り込み、半分くらいが闇だ。着色写真時代のような目を瞑るポーズもある。

 

この一年で自分の中にどういう変化があったのかと考えるに、

心境の変化などなく、思い当たったのは「レンズを新たに購入した」ことだ。

即物的である。

今年広角ズームを買い足した。

15.30. mm f/2.8のレンズで20ミリくらいで撮ることが多い。

今までは30ミリくらいで撮ることが多いことを思うとかなり印象は変わる。

また小道具はトルソーに羽を付けたものを使うのでどうしても引き気味となる。

 

まあ、この1年の逆光で撮るシリーズはこの天使集シリーズで止めようかと考えている。

こんなにレタッチの大変な画像はちょっと辛い。

 

広角の歪の修正、逆光の修正、プリンターの機種変による色味の微調整、

今回は三重苦で大変だったが、その辺りも見る人に楽しんで頂ければと。

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

次は旧作のファイルについてなど。

そうそう、ハロウィン画像を忘れるところでした。

 

村田 兼一 | 展覧会 | 19:34 | - | - | - | - |

最多のミスプリントとテストプリント。そして在廊日など。

難航していたプリント作業がようやく仕上がった。

これからサインやエディションを入れたり、ファイルに入れたり・・・

11/3の個展直前には搬入出来そうだ。

 

今回のプリント作業はかなり難航した。

かなりきつい逆光の作品が多く、レタッチに手間取ったこともあるが、

プリンターを機種変更したことが一番の原因だろうか。

 

もう部品の供給がなくなると言うことなので、

同メーカーの同じくハイエンド機種を2年位前に購入していた。

しかし同じデータでは色味が茶色がかって出る。

これの微調整が面倒でずっと放置していた。

 

今回、時間に余裕があるので旧機種と同じ色になるように、

カラーバランスなどのマニュアルを作ってみた。

*ミスプリントの山

大体のプリントはマニュアルで間に合ったが、1/3は式通りには済まない。

そして400枚のテストプリントの山と、多くの時間を費やした。

 

また大きく伸ばすと微妙に気に入らない箇所が目に入り、

約110枚のプリントを刷るのに80枚のミスプリントも作ってしまった。

これらアート紙の細断がまた大変だ。

個展の在廊日だが、11/3の夕方4時過ぎから11/5の夕方6時くらいまで、

3日間を予定している。

 

今回の展示は壁展示が27点。

ファイルで新作84点。

旧作もファイルで180点ほどご覧いただける。

 

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

よろしくお願いいたします。

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:20 | - | - | - | - |

七菜乃さん撮影合宿+個展情報など。

個展前のプリント作業の合間に七菜乃さんを11日から撮影。

去年11月に撮影した天使モチーフの撮影の続き。

晴れ間は初日だけという天気予報。

初日に色々と撮る。

翌日からは予報通りに曇りや雨の日が続き撮影には向かない。

気温も初日の夏のような暑さから一気に冷える。

相変わらず毎晩、良く呑む。

 

最終日も天気が悪いので奈良へ出かける。

起きるのが遅くて到着したら日没だった。

奈良ホテルへ。

 

夜はハロウィンっぽいものをと石油ランプふたつで撮ってみる。

来年は本格的なカボチャでも準備しよう。

窓は祭りの太鼓の練習で明るい。

ハロウィンにはまた別バージョンの写真をアップする。

個展は11月3日から始まるが、

在廊は3日から5日まで。

5日は夕方に大阪へ帰る予定。

 

村田兼一写真展『天使集』
11月3日〜19日(月火休) 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

よろしくお願いいたします。

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:15 | - | - | - | - |

11/3から個展「天使集」村田兼一写真展


前回の制作雑記から約10日が経つ。

心配停止から蘇生して8日後、従姉は亡くなった。

先日葬儀を終え、大慌てでタイトルを考えプリントの色調整をしている。


 

歳の近い近親者の死は、自分の行先を深く考えさせられる切欠となる。

自分もそんなに先は長くなく、悠長に生きていたら後悔するだろう。

恐らく不摂生が祟ってあと20年は無理だろう。

残された時間は10年くらいと考えると出来ることは限られてくる。

 

そして、やっと個展のタイトルが決まった。

これでDMやら告知が出来る。

タイトルは「廃墟に住まう天使たち」にしようかと思っていたが、

タマとラインでタイトル案を出し合っているうちに「天使集」というのが閃いた。

天詩集 天刺繍・・・など言葉も置き換えれる。

 

撮影は天使に見立てた羽の生えたトルソーがあり、

光を意識して撮影をしていた。

 

どちらかと言えばモデルさんは天使に弄ばれている感じがある。

「天使に集められた」雰囲気だ。

下はDM画像。

 

色々な自然光で工夫して撮影してみた。

荒々しかったり、まろやかであったりと、光を意識して作画した。

下はもうひとつのDM画像。

2種類作ってみた。

 

また個展が始まるまで、多くの展示画像をブログやTwitterなどで公開していく。

 

村田兼一写真展「天使集」

11月3日(金)〜19日(日)  休廊 月火 13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 20:56 | - | - | - | - |

彼岸花の咲く頃。

前回、撮影後はまたひどく引きこもりとなり、

なんだか不機嫌な毎日を過ごしていた。

日毎にアニメを観る本数が増えていく。

 

そんな気楽で鬱々とした日々は親戚からの電話で終わりを告げた。

一番親しい従姉が危篤状態だという。

慌てて病院に駆けつけた時は心配停止状態で蘇生処置を受けていた。

 

もう駄目だと思っていたら明け方、奇跡的に意識が戻りまた眠りについた。

目は覚まさないが、気になり毎日病院へ通っている。

1週間経ち、ついに脳死状態だと判明したが、それでも本能的に心臓だけは止まって欲しくないと思う。

 

私は死の恐怖から心を病み、自分を取り戻す為に色々と作品を妄想した。

しかしここ数年、父母の死や高校まで一緒に暮らしていた姉のような従姉の生々しい命のやり取りを見るうちに、

死への恐怖は「恐怖で一歩も外に出ることの出来ない」頃の恐怖とは違うものだと気付いた。

 

その頃は恐怖は妄想であり、実態のよく分からない死というものに怯えていた。

今はあと10年、長くとも20年位には確実に訪れる実体だ。

既に確実に訪れることを確信しているので恐怖はあるが諦めもある。

 

あと10年どう過ごすか、そんなことを考えながら、

目を覚まさない従姉の見舞いにまた行くことにする。

 

 

下の画像は写真集「パンドラの鍵」より。

モデルは七菜乃さん。

この頃の作品は着色写真からデジタルに移行した頃で、

人形愛などのテーマが色濃く残っている。

 

今、Twitterで過去の写真集の紹介をしているのだが、制作雑記からもしていこうと思う。

Amazonで見る

兎に角、もう10月。

11月3日からの個展に向けてやることをやらなければ。

さて、天使のシリーズのタイトルをどうするか・・・

 

村田 兼一 | 日常日記 | 21:55 | - | - | - | - |

七菜乃さん撮影合宿 後編と、風呂の話など。

翌々翌日

撮影合宿4日目、最終日にやっと晴れ間が。

しかしモデルがなかなか起きて来ない・・・

4時から撮影。

この日は明るくて6時過ぎまで撮ることが出来た。

 

最終日は前回のギンガムチェックの衣装で撮り残したものを撮影。

 

そして今回は、

昼間の撮影が曇りや雨でなかなか思うように進まなかったので、

久しぶりにお風呂場での撮影をしてみた。

 

案の定、改修した風呂場は面白みは無く、

無機質さを活かせるような小道具を考えなくてはと思った。

 

こちらは写真集「さかしまのリリス」に掲載している風呂場カット。

タイルの温かみが心地よい。

我が家の二代目のタイル風呂だ。

洗面所の古い鏡を45年前タイル風呂への改修の時にこちらへ貼り付けた。

今回の改修で風呂は三代目となる。

今は鏡は無い。

高校までは薪を割って石炭で風呂を沸かしていた。

風呂はヒノキ風呂だった。

小さな薪から大きな薪へ、そして石炭へ火を移す作業は静かで楽しかった。

まあ風呂に入るのもひと苦労だが。

 

この木製の風呂場も寒かったが、次のタイル貼りの風呂も冬には入りたくない程に辛かった。

皮肉にも風呂好きの母が亡くなった翌年に母待望のユニットバスに改修するのだが、

見た目は悪いが毎日の風呂は快適になった。

 

写真集「さかしまのリリス」

各書店またはアマゾンでどうぞ。

丸々一冊七菜乃さんの本です。

こちらのサイトで数点画像がご覧いただけます。

http://kenichimurata.cart.fc2.com/

 

村田 兼一 | - | 22:18 | - | - | - | - |

七菜乃さん撮影合宿 前編。

この週は水曜以降雨が続くとの予報、

薄暗い屋根裏部屋で自然光のみでの撮影なので、雨は大敵だ。

「晴れていると予報の火曜日午後1時に駅前」と七菜乃さんにお願いする。

 

いつも「お昼に」と言っても夕方過ぎになる彼女なので、

ゆっくりと寝過ごしていた。

正午にLINEを見るとナント1時ジャストに駅に着くとある。

大慌てで準備をして駅へ向かった。

 

しかし唯一の晴れと言われていたこの日も薄暗い曇り空。

中々思うようには撮れないまま5時半で暗さの限界となる。

撮影時間は2時間くらい。

翌日

曇天

屋根裏で昨日の続きを。昨日と同じく5時半終了。

近所のカフェへカキ氷を食べに行く。

 

翌々日

雨のち曇天また雨。

 

この日人形作家の中嶋清八さんの個展へ行く予定だったが、

暗くて撮影が出来ていないので諦めて続きをする。

4時頃から撮影をするが肌色が綺麗に出ず苦労する。

こんな事ならば個展へ伺えば良かった・・・と後悔。

 

中嶋さんは七菜乃さんの等身大人形も作られていて精緻さに驚かされるとのこと。

大阪での展示は珍しいので是非。

6時頃、またカフェへ行く。

昨夜飲んでいる時にケーキのインスタを二人で見続けていたので、

これは絶対にケーキを食べると意気込んでいた。

菜乃さんはショーケースの前で長考して、最後にはしゃがみ込んでまで悩み抜いていた。

 

しかし、席に着いてメニューにカキ氷を見付けると、

あっさりとカキ氷に変更・・・

 

次回は後半編。

お風呂撮影や前回の撮り足し等色々と。


 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 20:26 | - | - | - | - |

色々とシリーズを動かしているが、纏まらない。

去年の11月くらいから撮り始めているのが「天使のシリーズ」と仮題のものだ。

毎度、羽の生えたトルソーが出てくるくらいで、モデルが天使様って感じでもない。

 

逆光で光を多くして、天使のイメージを演出している。

只、魔女、観音と来たから次は「天使」という事での言葉の括りだ。

 

この回は月乃ルナちゃんにフルートを吹いてもらった。

去年の10月くらいにマリアちゃんで何となく撮り始めて、

11月に七菜乃さんで撮ってイメージが固まって来た。

次に愛花さん。少女観音の撮影と同時進行で撮影していた。

森之宮遠子ちゃんは去年と今年と二度。どちらも天使のイメージで。

7月に飛鳥さん8月にマリアちゃん、菜乃さんと続いた。

結構、カット数は溜まってきた。

 

もうひとつ纏めたいイメージがあり、それは胴から樹の頭が生えたクマのストーリー。

こちらは以前、月乃ルナちゃんがモデルの時に二度ほど撮影したが、

あまり活用されないまま放置状態で居た。

好きなイメージなので、これをなんとかまとめ上げたいと目論んでいる。

これはあまり細かにスタジオ撮影しないで、ラフに撮るのも面白いかなとも思い悩むところ。

このシリーズはいかに沢山撮り足せるのかが問題。 

涼しくなって撮影を重ねていきたい。

(「小グマを巡る冒険」なんてタイトルは無いです)

 

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 00:14 | - | - | - | - |
1/89PAGES | >> |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH