台湾旅行・結構文章が長くなった・・・

個展や撮影などが終わった頃、

以前からとれこに行きたいといわれていた台湾へ。

欧州の方はよく行くが身近なアジアの都市は行ったことは殆どない。

舶来品に憧れていた古い人間だからだろうか。

唯一タイへメコン大ナマズを釣りに行ったくらいだ。

今回も日月潭という湖で釣りを目論んでいた。

朝が苦手なので関空を夕方旅立った。

飛行機から見る「夜と昼の狭間」

かなりの高度のはずだが、海には漁り火が見える。

 

台北で二泊三日。日月潭近くの街で二泊。

台北では観光地へは行くことなく、街歩きを楽しんだ。

 

 

夜市で旨いものをと思っていたが、

時々臭う謎の腐臭に我慢ならず昼間見ていた小籠包の店へ、

逃げるようにタクシーで行く。

台北の物価は結構高く台北駅で食べたラーメンの価格は二人分で約1700円。

こちらでは日本のチェーン店が多く、それらは結構高い。

しかし、屋台のものはとても安い。

これらの夜店のお祭り状態は毎日で、台北では食事は屋台で済ますと聞く。

 

翌日、臭豆腐と書かれた屋台で、同様の匂いが・・・

正体は「これか?」と思うものの確信はない。

確か台湾からの旅行者が日本の電車の中で食べようとして、

余りの異臭に緊急停車したというニュースを憶えている。

タクシーは他の物価に比べて安い。

車種はトヨタのウイッシュが多いように思う。

台湾では結構日本の高級車が走っているけれど、

服装に関しては一様に無関心でダラダラで小汚い。

 

この時期気温は20度前後だが、

どのタクシーに乗ってもクーラーがガンガン効いて冷える。

運転手は何故かダウンやセーターを着ているが、クーラーは切らないみたいだ。


 

 

今回はお茶の旅ということで茶芸館をいくつか訪れた。

そこで「いいな」と思う急須を見つける。

商品としても売っていたので値段を見ると予想を遥かに越える約14000円。

普段使う急須に「この値段はない」と思うのだが、時として旅は感覚を可笑しくさせる。

 

いつも自分への土産はその土地の石を拾って持ち帰るのみ。

エジプトやらモナコやらトロイやら色んな土地の石をシャーレに入れている。

初めて土産にお金を遣った気がする。

左奥がその件の急須だ。

 

二階が喫茶で一回が茶器などを扱っている。

ここの老婦人は日本語が上手くて、結構色々と話し込んだ。

 

そしてホテル近くの乾物問屋の街を歩く。

ここでは干しエビを買った。

 

その後は台湾の新幹線で台中へ。

そこからまたバスで標高500メートルの街へ行く。

 

台中の新幹線の駅、ロイヤルホストは日式の弁当屋。

 

バスに乗り込み到着は夜、そのまま鍋を食べに行く。

台北と違い食事代がかなり安い。

台北だと日本とそんなに変わらないが、

地方都市だと半分くらいに感じる。

 

この辺りは珍しいキノコも採れるそうで、

キノコと豚肉のトマト鍋を食べた。

地方都市は日本語は勿論、英語もほとんど通じない。

日本人とも出会えなかった。

台北では日本語も結構通じて不便はなかったので、この差に戸惑った。

写真入のメニューもなく、食事を頼む時は困ることが多い。

 

翌日、レンタカーを借りて茶農園へ行く予定が、

街のレンタカー屋は数年前に潰れて今はバイク屋しかないと言う。

バイクで二人乗りで行くしか方法はないらしい。

 

バイクに乗るのは、おそらく25歳でバイクを止めてから約35年ぶり。

バイクと言っても125ccのスクーターのみ。

スクーターはタンクを脚で挟めないので恐いのである。

おまけに「右側通行」という壁・・・・

まあ、この旅でこれが一番の体験だった。

行きは2車線の細い山道を標高700メートルまで約30キロ。

とれこはギャーギャーと五月蝿い。

おまけに曲がりたい方向へ体を倒してくれないので、

上手くカーブが曲がり切れない。

段々と腰が痛くなってくる。

風景は流石に熱帯、亜熱帯と言った感じだ。

茶農園では余り儲からずに、最近は珈琲豆も作っているとか。

 

茶農家ではお婆さんが茶葉からゴミを取り除いていた。

 

農園でお茶を頂き話を聞く。

左端が茶園まで案内してくれたゲストハウスのオーナー。

彼が居なければ、ここまで辿り着けなかっただろう。

 

その後オーナーと別れて、茶芸館を二箇所ほど訪れて、日月潭へ。

茶芸館はどこも洒落た建物だった。

古い建物を本当に綺麗にリノベしている。

一周30キロのカーブだらけの湖水道路を走る。

もう釣りをする気力もないが、ちょいと竿を振ってみる。

帰り道は4車線の国道。

ほとんど高速道路状態。

70キロで走っていても追い越されていく。

下り坂で馬力のあるスクーター、余裕で百は出そうだが、

35年ぶりでオマケにスクーターというのはちょいと恐怖だ。

 

湖畔で食べた三菜一汁というもの。

キノコのスープが絶品で、右の野菜炒めがコリコリと歯ごたえがあり旨かった。

キノコスープも絶品。

日月潭の美しい景色は撮っていないが、旨いものだけ撮っていた。

日月潭>>>http://www.taipeinavi.com/miru/40/

そして街へ着いた頃には首や肩が痛くなっていた。

この旅で二度目のマッサージへ。

旅行でマッサージへ行くことは初めてで、二度も行くとは思わなかった。

 

夜にバイクがあるので台湾全土で有名なチョコレート屋へ。

18度Cと言う名の店は土日は2時間待ちの行列ができるとか。

 

アイスクリームもあり買おうとしていたら、レジのところに偶然オーナーが居て話しかけられた。

日本が好きで大阪にも行ったことがあるという。

日本でもチョコ修行をしていたそうだが、日本語は片言で殆ど英語だ。

彼のお喋りが熱心に続き、レジの後ろに行列が溜まっていくのが気が気でなかった。

18度C>>>http://www.taipeinavi.com/shop/314/

 

最終日は朝飯に入ったカフェで初老夫婦のもてなしにうれしくなる。

飲み物とソーセージ・パンを頼んだが、飲み物とソーセージしか出てこない。

パンを所望するが、「bread 」と書いてもこれがどうしても通じない。

どうやらパンで通じたみたいだ。

植民地時代に日本語のパンをそのまま使ったそうだ。

それからコミュニケーションが好きな主人が色々と話しかけてきてくれて、

英語と漢字を使って1時間くらい話していた。

種無しのオレンジをサービスで頂く。

種無しを主人は説明したくて漢字で説明してくれる。

分かったので日本語で「種無」と書くが通じない。

どうやら「種」は「子」と書くらしい。

「no seed」と書いたら理解してくれた。

「seedless」では通じない。

カフェの隣に駐車場があり、とても大きなマンゴーの樹がある。

「これはマンゴーの樹だ」と聞いた時は驚いた。

マンゴーがこんな大きな木になるとは思いもしないし、

見た事もない大きなマンゴーが落ちていた。

マンゴーには色々な種類があるそうだ。

 

その後バイクを返してバスの停留所へ。

午後1時のバスに乗る。

そして新幹線、飛行機と乗り継いで夜中の12時半ごろ家に辿り着いた。

 

 

村田 兼一 | 旅行・行楽 | 00:59 | - | - | - | - |

個展、無事終了いたしました。

11月27日、無事に個展が終了いたしました。

お越しいただいた皆さまには大変感謝です。

また沢山のリツイートや個展のツイートなど有り難うございました。

また長期間の展示、一人で切り盛りしていただいた佐伯さんには多大なる感謝です。

 

私は個展は初日から3日間の短い滞在でしたが、

色々とお相手していただき楽しかったです。

 

私の不在時に、モデルのhakuさん一家が見えられていました。

ご自分のモデル作品と一緒に。

 

また幾原監督もオーナーの佐伯さんが撮影してくれていました。

 

個展滞在の為に3日間上京、戻った翌日から撮影が2週にわたり、

愛花さんの撮影以降は少し筋肉痛でぼんやりしていました。

 

また今年中には纏めたい少女観音。

なんとかカタチに出来る様に頑張ります。

 

上の画像は今回の撮影のもの。

観音シリーズはほぼ光源にライトを使用していましたが、

自然光でも最近試しています。

 

こちらの本が上梓できる頃、

また個展などでお会い出来るかも知れません。

また、よろしくお願いいたします。

村田 兼一 | 展覧会 | 01:33 | - | - | - | - |

個展中だけど、愛花さん撮影合宿。

先週金曜日、七菜乃さん撮影合宿終了。

そのの疲れか、その日は2時頃眠ってしまった。

そして翌日土曜から毎朝9時、10時に起床。

普通の人からすれば「遅い」と思われるが、

毎日朝に寝て昼の1時まで寝ている身にとっては椿事だ。

 

そして月曜日から吉岡愛花さんの撮影合宿。

この日も午前中に車の修理点検と医者と行く。

愛花さんが東京から到着する4時くらいまで色々と用事を済ませ、

6時から7時半まで撮影。

初日は少女観音から始める。

夕食の時は朝のことが、昨日のことのように思えた。

愛花さんはお酒が好きなので、2時頃までは呑むのだが3時までに寝てしまい、

翌日は10時までに起床と椿事が続いた。

そう言えば庭の椿も花をつけている。

お陰で午後1時くらいから撮影が出来、暗くなる4時半まで一日3時間は撮影可能だ。

二泊三日と短期だが、観音2パターンともう一つ屋根裏のシリーズも撮影出来た。

 

しかし、翌日。

椿事は終わり、疲れが出たのか昼の1時まで寝てしまった。

そして、今週27日日曜日で個展が終了する。

まだご覧になっていない方は是非。

村田兼一「魔女の系譜」出版記念展@神保町画廊

11月27日(日)まで開催

開廊時間:13時〜19時

http://jinbochogarou.com/ 

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 21:28 | - | - | - | - |

七菜乃撮影合宿だけど、個展中。

私の中では魔女から観音、観音から女神、天使へと移行している。

何の話かと言えば、撮る時のモデルさんのイメージだ。

闇よりも光を意識している。

しかし光が眩いほど闇も深くなる。

 

今年に少女観音写真集も出して次へ進む予定だったが、

ドイツの写真集と今回の「魔女の系譜」に手こずり、

少女観音まで手が届かなかった。

来年初頭に出せるようにこれから編集作業を集中。

 

しかし思えば今年は撮影が余り出来なかった。

編集が立て込んでいたり、モデルさんの都合もあり、

何よりも雨が多かった。

自然光で撮るようになってからは雨降りは致命傷だ。

七菜乃さんも今年四度目の撮影だけど、

「結構ちゃんと撮った」という気分に初めてなった。
月曜から金曜日までの来訪だが、実質3日間。
1日約1時間半から2時間の撮影。
時間は短いが光の具合が良かったし、
お互いに久しぶりに気合が入っていた。
そもそも付き合いが長く色々と撮り尽した感がお互いにあったので、
最近は軽く流すことが多かった。
いつも会うのは久しぶりだから、朝まで呑んで話し尽くしてしまう。
そして1時頃起きて、どんよりすることが多い。
今回は何か阿吽の呼吸が働いて、
短時間だけど結構キビキビと集中できた。

個展も後半へ入るが、よろしくお願いいたします。

 

村田兼一「魔女の系譜」出版記念展@神保町画廊

11月27日(日)まで開催

会期中休廊日:月・火 開廊時間:13時〜19時

http://jinbochogarou.com/ 

 

 

村田 兼一 | 撮影・制作 | 22:15 | - | - | - | - |

在廊日記・後半。個展は27日まで!!

滞在最終日の日曜は豆子ちゃんが来る。

とれにだけウィーン土産を渡し、私にはロイズのチョコポテチ。

 

初日に来訪して頂いていた七戸優画伯。

今回、画像が見つかる。

 

中川さんとも久しぶりな気がする。

 

私の一番古い顧客の小泉さんと。

 

英文タイトル等で何かとお世話になるロジャーと。

 

初めてお会いしたと思う・・・確か岐阜の人。間違っていたら申し訳ない。

 

四日市の紺山さんと。

 

田中さんと。

マッサージをして頂いて、すこし生き返る。

 

広島の方と。カープの話題で盛り上がる。

 

そして翌日14日は母の月命日なのと、

七菜乃さんの撮影合宿があるので、夜の7時に画廊を後にする。

駅弁はほぼ売り切れ状態。

なんとか深川飯をゲット。

貝の炊き込みご飯で、アナゴも乗っていて結構旨かった。

 

11時ごろ帰宅。

色々なお土産を並べて写す。写っていないものは会場で食べてしまいました。

皆さま有り難うございます。

画像の貼り忘れなどはご容赦を。

 

てな訳で、只今撮影合宿中なのだが、

とりあえず在廊記録を。

個展は27日まで続きます。

皆さま、よろしくお願いいたします。

 

Travels of My Unconscious 〜

村田兼一「魔女の系譜」出版記念展

11月11日(金)〜11月27日(日) 開催
休廊日:月・火 開廊時間:13時〜19時

神保町画廊

http://jinbochogarou.com/

 

新刊「魔女の系譜」もよろしくお願いいたします!

http://kenichimurata.cart.fc2.com/

 

 

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 21:17 | - | - | - | - |

在廊日誌・前半。個展は11/27まで。

Travels of My Unconscious

村田兼一「魔女の系譜」出版記念展の為に金曜日に上京。

今日も富士山は見えず。

 

日曜に大阪へ帰って来て、翌日から七菜乃さんの撮影合宿。

なかなかゆっくりとブログを書く間もなく、

今回は金・土曜日にお越しになった顔見知り画像を貼り付けていくことに。

日曜日分はまたの日に。

 

4時過ぎに神保町画廊に到着。

モデルの吉岡愛花さんと北見えりちゃんが来てくれる。

ビューティプラスで肌が真っ白。

ELさんと。

 

浅見さんと。

今回も日本酒と蕎麦をどっさりと頂いた。

 

モデルのマリアちゃんと。

 

靴下ネコさんと。

 

ねおさんと。

 

TH鈴木編集長と。

 

人形作家ののあさんと。

 

七菜乃さんと。

 

閉廊後、近所のイタリアンで打ち上げ。

マリアちゃん、菜乃さん、鈴木さん、七戸さん、とれこ等参加。

画像に七戸さんがないことに気付く。

左はオーナーの佐伯さん。

 

翌日、画廊に行く前に丸の内の丸善へ行く。

なんとも洒落オツなビルだ。

 

ここはいつも私の本を平積みにして置いてくれていると聞き、

伺ってみた。

 

柳瀬美月さんと。

 

チョーさんと。

 

上川さんと。

 

仲山さんと。

 

写真家の小林修士さんと。

 

ぴかさんと。

いつも美味しいお酒有り難うございます。

 

ひなちゃんと。

 

なんと大阪のご近所さん亀井さんと。

偶然上京されていたとか。

 

菊池さんと。

久しぶりに合った気が。

 

エリックさんと。

 

洋画家の三嶋哲也さんとも久しぶり。

 

久しぶりの渡邊さん、りょうくんと第二回目の打ち上げに昨日のイタリアンへ。

愛花さんやオーナーの高橋さん、佐伯さん、とれこも一緒に行く。

なかなか料理が旨くて、食べるのが止まらない。

 

では、後半と撮影合宿は後ほどに。

 

村田 兼一 | 展覧会 | 22:44 | - | - | - | - |

読み甘く、個展まであと4日。在廊予定など。

長く続いた咳も抗生剤のお陰か治まりつつある。

先週金曜日にはプリントの行方も見えた気がして、

ついつい映画など観てしまった。

「君の名は」決して「真知子巻き」とも関係なければ、戦後間もない頃の映画でもない。

夏にヒットしていたが、咳が止まらず今頃になった。

 

しかし読みは甘かった。

ラスト40分辺りから膀胱辺りが怪しくなって来た。

20分は堪えたが、どんどん強まる尿意に、

ほとんど会話が耳に入ってこない。

「早く再会してくれ!!」自分の叫びばかりが心に響く。

二人の再会を見届けたらトイレに直行だ! 

と、思うがいつまで経っても出会わない・・・

辛かった。

 

そしてもうひとつの「読みの甘さ」は、

見えたはずのプリントの行方が、個展4日前でもまだ作業中というテイタラク。

明日には発送しなければならない、これは多分徹夜なのだろうか・・・

考えてみればこの3日間、とれがぶつけて取り替えたばかりの車のバンパーに、

次は他の車にぶつけられて1ヶ月のうちに3つ目の新しいバンパーが・・・等と事故処理に時間を取られ。

魚が2匹相次ぎ死亡・・・残る一匹を観察していていたら寄生虫を疑う動きが・・・

水槽をひとつまるまる消毒して、魚は塩水へ。

そしてよせばいいのに、木を切り倒したりと、

余裕があると思い込んだせいで随分余計なことをしてしまった。

 

しかし、11/11には必ず個展は始まる。

私は夕方4時半頃から在廊。

11.12.13日と上京いたします。

 

場所 神保町画廊

Travels of My Unconscious 〜トラベルズ  オブ  マイ  アンコンシャス〜

村田兼一「魔女の系譜」出版記念展

11月11日(金)〜11月27日(日) 開催
会期中休廊日:月・火 開廊時間:13時〜19時

 

新作約60点

魔女の系譜掲載関連画像など150点

額装、ファイルなどでご覧になれます。

 

 

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 23:14 | - | - | - | - |

11/11神保町画廊個展準備中、パリフォトOK、の中便座を取り替える。

個展まで残すところ10日という今日、未だプリントが完成していない危機。

しかし、毎日家にこもり、何とか着々と今年一年の撮影したものを仕上げている。

実はやっと目処がついた。

 

村田兼一「魔女の系譜」出版記念展

November 11(Fri) – 27(Sun) Ken’ichi Murata Photo Exhibition Travels of My Unconscious

11月11日(金)〜11月27日(日) 開催
会期中休廊日:月・火 開廊時間:13時〜19時

 

「魔女の系譜」というタイトルは雑誌連載の為に付けたものだ。それを一冊の本にまとめた。連載当初は、魔術やアニミズムの話を語るのもよし、モデルを魔女の末裔に見立てるのもよし、そんな感覚であった。しかし連載が終わってみると、私自身が魔女の末裔であり、2年に渡る連載は、私自身の深層の変遷を巡る旅でもあった。(文/村田兼一)

 

場所はいつもの神保町画廊。

http://jinbochogarou.com/

11月11日に始まる東京での個展と時を同じくして、

ルーブル美術館の地下でフォトフィーバーと言う展示に参加。

着色写真20点、デジタル35点を展示。

これの準備にも手間取り、神保町画廊の作業も遅れた。

もっともアレルギー性の気管支炎になっていなければ、

ここまで苦労はしなかったのだが・・・

 

 

そんな時間が惜しい最中、トイレのウォシュレットの調子が悪く、

このままシャワーが出なくなると困るので良き便座を探す。

そしてやっと格安の納得出来るものを見付けて取り替え工事をした。

 

我が家が水洗になった33年前に初代TOTOウォシュレットがやって来て、

初代は20年以上の長寿、二代目は10年くらい、そして今回三代目を取り付けた。

今回はネットで本体を購入して自分で工事、取り付けは1時間くらいで済んだが、

普段掃除の出来ないところを隅々まで清めたお陰で結構時間を費やした。

先ずは旧便座を取り外し、念入りに便器を磨き上げる。

 

配管を全て取り外す。

全てのコネクションにパッキンを入れ忘れなければ、

この工事は失敗しない。

しかしホースが長過ぎて少々難儀した。

 

そして、うれしハズカシ初のリモコン式操作パネル。

お湯は瞬間湯沸しで出るタイプ。

後で考えると普通の貯水タンク型でも良かったと思う。

お湯が出るのに少し時間がかかり、水圧は貯水タンク型の一段低め。

まあしかし省エネになるので目を瞑る。

 

 

向かって左にあった操作盤がない分、スッキリした。

今年は風呂の取替え工事も済ませ、水回りの修理が続く。

これで台所まで不具合が起きると、流石に辛い。

荒神さんに祈ることにする。

 

治まりつつあった咳が便所で冷えてまた酷くなる。

結局、咳が治まらずひと月遅れで病院へ行く。

抗生剤と抗アレルギー剤を処方される。

 

11/11〜13まで画廊に滞在。

お会いできる方は是非、ご来訪を。

 

 

 

 

 

 

村田 兼一 | 展覧会 | 02:17 | - | - | - | - |

「魔女の系譜」出版記念展DM、マリアちゃん撮影合宿?

11/11から「魔女の系譜」出版記念展が開催される。

展示内容は本からの作品、今年の撮りおろし作品などを予定している。
なんと言っても恐ろしいことに、まだプリントが出来ていない。
会期:11月11日(金)〜11月27日(日)  於:神保町画廊
会期中休廊日:月・火 開廊時間:13時〜19時
今、カルマセレクションから本をお買い上げいただいたら、
特典カードと一緒に上の画像、DMが付いてきます。
これは目次頁の北見えりちゃん。
10月は1日に厄払いに行ってから、咳の風邪にとり憑かれたように咳が止まらない。
月の半分くらいは寝込んで過ごしてしまった。
「魔」的なものに守られているから、それを払ったからイケナカッタのではと思ってしまった。
ようやくマシになって来ている。
故に予定していた撮影も出来ず。
諸々の〆切が延び延びになり、今頃忙しくなってしまった。
行こうと思っていた釣りにも行けずに残念。
先日、マリアちゃんが大阪での宿を求められて来る。
二日目の午後ほんの30分だけ撮影をする。
翌朝、私はまだ眠っている頃に名古屋へ出発された。
そして今日ポストを覗いたらトーキングヘッズ叢書(TH)が届いていた。
「魔女の系譜」と出版記念展の告知を4頁にわたりして頂いている。
鈴木さんの解説がなかなか良いです。この他に2ページ。
七菜乃さんの特集もありこちらも面白い記事となっていた。
よろしくお願いいたします。
村田 兼一 | 展覧会 | 00:47 | - | - | - | - |

「魔女の系譜」の着色写真について。

10/5発売の「魔女の系譜」、著者通販の方は少し落ち着いてきた。

上の画像はデジタルで撮影の裏表紙の吉岡愛花さん。

 

著者通販サイト>>>カルマセレクション

そろそろ11月の個展の準備やらパリの展示の準備を始めている。

またヌードムック本の画像処理やら何やらと雑用が多いのだが、

この1週間くらい咳が出て消耗してしまっている。

そういう風邪が流行っているのか・・・

 

今回の写真集は着色写真も多く含んでいるが、一冊の本として見た時、

違和感の無いように着色写真もデジタル並みにコントラストを上げている。

オリジナルプリントはもう少しヌルッとした感じだ。

全体にクリアになっている。

 

下のhakuさんモデルの作品は着色写真集「眠り姫」で斜め後ろからのカットを掲載している。

今回は真後ろからカットを掲載してみた。

「眠り姫」掲載のものとは角度も違うが、見比べると別物に感じる。

 

下左の作品はまだ本に掲載したことのない作品。

アナログで牧歌的な作品つくりをしている。

右ページの薔薇の顔の花嫁は「眠り姫」に掲載済みだが、

このような禍々しい絵はなかなか無いのでタイトルに合わせて再掲載した。

 

しかし幾らデジタルに似せようとしても、どうしても限界はある。

モノクローム写真にカラーインクで色を塗っているので、

着色写真の粒子は色素ではなく白黒グレーのドットである。

故に肌の濃淡も墨絵と同じくグレーで描かれ、どうしても黒ずんで見える。

そこを極限まで明るさを上げて黒ずんだ感じを取り除いた。

こんなメソッドを書いても誰の役にも立たないのだけど・・・

 

下の作品は灰かぶり姫の継母に虐められているシーン。

ここで、さりげなくアマゾンのページも記しておく。

アマゾン「魔女の系譜」>>>

 

 

村田 兼一 | 作品販売 | 01:15 | - | - | - | - |
1/85PAGES | >> |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH